マニカナ・ホームページ

 最近の発表済みの論文と書評を紹介します。【書評】は【論文】の下にあります。

【論文】


 ◆ 「六句論議」と「似因」をめぐる問題  New!
『印度哲学仏教学』第二十三号、平成20年10月、pp.226-245。

『方便心論』の中に、「六句論議」のモデルとして、声恒常・無常の隠れた論争を見つけました。

 ◆ 論証された神
『國學院雑誌』第106号、平成17年3月、pp.14-24。

『ニヤーヤ・スートラ』の神概念と神の存在証明を明らかにしました。

 ◆ 『方便心論』作者について
『印度哲学仏教学』第19号、平成16年10月、pp.90-105。

『方便心論』作者をある小乗仏教徒とする宇井説批判を行い、さらには作者が龍樹であることを『方便心論』と『宝行王正論』との対比によって導いています。拙稿を仕上げたのち、さらに決定的な宇井説否定の論拠を見つけました。それはまたのちに発表する予定です。

 ◆ 龍樹とインド論理学の誕生
『國學院雑誌』第104巻第6号、平成15年6月、pp.34-45。

論理学って何?というところからはっきりさせたかった論文です。自分の中では、きわめてすっきりしてきました。もやもやした論理学前史なるものを考えなくてもよくなったもんで。
ひとつ言いたい。論理・論争というのはスピード勝負ということをみんなわかってほしい。これが命!

 ◆ 仏教とニヤーヤ学派の論争をめぐって  ―『方便心論』の謎の解明―
『印度哲学仏教学』第十七号、平成14年、pp.150-164。

2001年7月の口頭発表から1年4ヶ月たって、やっと出ました。今年8月末の締め切りの「インド論理学史における『方便心論』の反論理学――論詰論法の論理形態――」の論文(すぐ下にあります)の方が先に出てしまいました。いまとなっては、内容的に明らかに遅れていますが、しかし、これがなければ、「インド論理学史…」の論文もまたないわけで。『方便心論』が論詰論法を論じたものだということを発見したときの喜びが語られてるんだけど、いまはむなしい。分かってみれば、あたりまえって気がしますもん。

 ◆ インド論理学史における『方便心論』の反論理学――論詰論法の論理形態――
『國學院雑誌』第103巻第10号、平成14年10月、pp.34-45。

なんだかさっぱりわからなかった『方便心論』が核心部分氷解しました。これは龍樹による、天地をひっくり返すとんでもない野心作です。空を説くために人間がよりどころとする論理をここまでぶちこわしますか?私も危うく頭が爆発するところでした。正気じゃありませんよ。

 ◆ 「論理学書としての『ニヤーヤ=バーシャ』」
『印度哲学仏教学』第十六号、平成十三年、pp.61-75。

そもそも「論理学書とは何か」ということを問題にしたかった、のですが、それじゃあ、インド論理学の話題になかなか入れないので、そのあたりは軽くしか触れていません。論理学書をそれ以外の書から区別する根拠は、真知をそうでない知から分けられうるか、その基準をはっきりさせられるかどうかだ、ということです。この観点で論文を書きました。服部先生めちゃめちゃ批判してごめんなさい。でも、ニヤーヤ派のためだから。

 ◆ 「ニヤーヤ派の知覚論──ヴァーツヤーヤナはどこまで見たのか──」
『印度哲学仏教学』第十五号、平成十二年、pp.131-144。

『ニヤーヤ=バーシャ』を読んだ人は、日本だけでもたくさんいることでしょう。そして、多くの人は、この書の中に、論証術に関する様々な項目が並んでいるのを見て、この書を論理学の書と位置づけたのでしょう。まあ、当のヴァーツヤーヤナもそのように言ってることでもありますし。 しかし、この書は単に論理項目を含むという意味だけで論理学書となっているのではないと思います。頭の先からしっぽまで論理に貫かれていて、どこを読んでも論理学書なのです。それはもう、どこ切っても金太郎の出てくる金太郎飴のようなものです。さらに、いえば、全部が論理の鎖に巻き取られているのです。一つの学説が他と関係していないように見えても論理の鎖を引くと芋蔓式に全部の学説がずるずる引き抜かれてしまうという構造になっているのです。そして、こういう構造をもったものが論理学書と言うんだと私は理解しています。それでは、貫かれてる論理とはどんなものかって?その論理の鎖をずるずる引っ張ってみてくれって?金太郎飴、割ってみてくれって?──だから、鎖を1cm引っ張って、飴を端から一かけ割ってみて、論理をちょっぴり小出しにしたのが、この論文です。

 ◆ 「ウッディヨータカラの命題論理学」
『印度哲学仏教学』第十三号、平成十年、pp.44-59。

私が間違っていなければ、西洋論理学では、名辞中心の古典形式論理学から命題中心の現代論理学の移行におよそ2000年の歳月を費やした。 一方、インドでは、ようやくディグナーガ(5〜6世紀)が名辞中心の論理学を構築しようとしていたその頃、ウッディヨータカラは、ディグナーガに対抗するように、命題を中心とする論理学をたてて見せたのだ。これはすごいことではないだろうか。しかも、単なる推理や推測にすぎないものを形式的に演繹的な証明へ発展させたのである。これもすごいことだ。ただ誰も彼の成した仕事の意味に気付かなかっただけである。 ウッディヨータカラは、自分の仕事を認めてもらうまで、じっと20世紀に生まれる私を待たなくてならなかったのだとすれば、結局西洋論理学がかけた年数と同じくらい歳月がかかってしまったことになるかな。

 ◆ 「VAtsyAyanaの論理的立場――意味論的観点から――」
『今西順吉教授還暦記念論集 インド思想と仏教文化』平成8年12月、pp.792−806。

子育ての長いブランクの後、はじめて書いた論文でした。だから、論点がまだまとめきれていないところもありますが、あえて公表したのは、ヴァーツヤーヤナは、推論(anumAna)の核となるvyAptiに相当する関係を、p⊃qではなく、p≡qと考えていた、というはなはだ重大な主張を含んでいるからです。(pとqは命題変項、⊃は含意、≡は等値を表す)
 そう考えると、ニヤーヤの世界がまた違ってみえてくるところがおもしろい。他にも、興味深いことがいろいろわかってきているのだけど、それは、あ・と・で!やっぱり、ヴァーツヤーヤナって、侮れん。ようやく註を載せました。

【書評】


 ◆ Jonardon Ganeri(ed.),Indian Logic: A Reader
    Nagoya Studies In Indian Culture And Buddhism: SaMbhASA,23,2003.

インド論理学研究史上重要な論文を10編集めて編集した本の書評です。植民地インドと統治する側ヨーロッパの対立も研究史に影を落としていることが編者ガネーリ氏のイントロからわかります。記号論理学や形式論理学によるこれらの論文は、叙情的要素ゼロで無味乾燥なのになぜか泣けてくる。インド論理学を真摯に解明しようする彼らの姿勢とともにわたしの青春があったからかも。著作権を有する名古屋大学印度学仏教学研究会のご好意により掲載させて頂いています。

 ◆ 宮元啓一『牛は実在するのだ!インドの実在論哲学『勝宗十句義論』を読む』
『國學院雑誌』第百巻第十二号、平成十一年、pp.45-8。

「この著作は、インド哲学にとってあらゆる意味で問題提起の書である」――キャッチフレーズをつけるなら、やっぱりこれだろうか。漢訳の扱いについてはとても大胆だが、ある意味納得するところもある。いろいろ事情はあると思うのですが、本当のところ、「なぜそう読むのか」ということについてもっと専門的に微に入り細にわたって論じてもらいたかった、というのが私の希望です。実在論と唯名論はどうしても引っかかります。宮元さん。


マニカナ・ホームページ