1283. お正月って、ね、 管理人エム [URL]  2003/12/25 (木) 09:04
大学寮の門限みたいなもんだな、って最近思うんですよ。

今でもそうかもしれないが、某大学学生寮は学生が管理していて門限があった。門限は0時。これに遅れると門を閉められちゃう。たいへんです。
しかし、次の日の開門(というの?)が同じく0時。
学生寮の管理人である学生さんは、0時になるとガラガラっと重たいドアを閉めて、次の瞬間ガラガラっとそのドアを開けるという儀式を毎日くりかえすのでありました。

なんか、ねぇ、お正月もカウントダウンして0時になった瞬間「おめでとう」と言ったら、後はもうふつうに日常生活だよ。
だから、今年はおせち料理やめる!って、言ったのだ。(固い決心)…ただうま煮ぐらいはつくるかな。田作りも簡単だから。黒豆もあったっけ、煮ちゃった方がいいかな……なんて言ってると、いつもどおりにもどりそ。



1282. 学会誌来ました 管理人エム [URL]  2003/12/24 (水) 09:44
『インド哲学仏教学』第18号出ましたね。
多方面の研究があって読み応えがありますね。勉強させてもらおう。

最近、1つのことが頭にひっかかっていて出ていきません。「ロゴスの穴」にでも書いてしまえば、すっきりするかな。「王様の耳はロバの耳」みたいなもんですね。ため込んだものを吐き出す「穴」とも解釈できますか。



1281. 年々歳々 管理人エム [URL]  2003/12/23 (火) 10:51
世の中忙しくなって、季節感が失われていくような気がするのは、管理人だけかな。

そういえば、クリスマスって、あったっけな。
ということで、みんな忙しい中むりやりやりくりつけて、幼なじみの一家とそこのお宅でパーティやりました。
うちはクリスマスのつもりでターキー焼いてもっていったら、そこのおうちでは、餅つき機がさかんにおもちをついていました。

クリスマスとお正月をいっぺんにまとめてクリアした感じで、ますますせわしない世相を反映しているような気分でした。



1280. おや、また 管理人エム [URL]  2003/12/22 (月) 09:01
何なのでしょうか、わたし。
変換ミスというわけでもないかもしれませんが、最後の方で、「悪いかな」と書こうとして「悪かな」になってしまいました。
悪いかな
わるいかな
やっぱり、「い」が抜けるというのはないようですわ。



1279. おはようございます 管理人エム [URL]  2003/12/22 (月) 08:48
ヘンリーさま
お久しぶり。
イルミネーション、いろいろなところでやってますね。
サッポロの大通公園のイルミネーションも古いのですが、最近ライトアップが行きすぎているのか、信号が見えにくく歩行者が間違えそうだとテレビで警告してました。
光害も真剣に考えないといけないようになってきましたね。
文明はわたしたちから多くのものを奪ってきたなぁと思うこの頃。

そうか、なかなか意味深な喩えですねぇ。
人類が滅亡するとすれば、いん石の落下によるものではなく、ぜったいみずからが招いていると思います。当たらないでよね。

管理人には、カフカの『城』はけっこうトラウマです。見えているのに行き着けないとき「城だ!」と。わたしの研究も、まさに「城だ!」ですし、ふーっ。
カフカはとにかく印象深い作家ですわ。名前も印象深い。顔も印象深い。とってもいいヤツだな、って思ってます。

文学から足を洗って長いなぁ。それでも、この前読んだのが『中勘助随筆集』。古本屋で「妹の死」を全部立ち読みしたので、悪かなと思って購入しました。この人も、名前と顔がいいです。作品と同じくらい。



1278. これという事ではありませんが ヘンリー  2003/12/21 (日) 23:30
この夏は関東では電力不足が問題となっていましたが、現在のクリスマス用イルミネーションは一体どういったわけだろう?と思います。綺麗なものには誰も文句を言わないようです。点滅する電球は恐ろしく電力を喰いますから、せめて光ファイバー等の飾りの工夫のように、綺麗かつ省エネにして欲しいものです。
冬は星空が綺麗なんですがね。

お年寄りに席を譲るには、その前にシルバーシートに座る事が必要です。
自衛隊をイラクに送るには、戦争を始める事に賛成した、と。
「親切」(ミエミエですが)も押し付けがましいと・・・。おっそろしいですね・・・。

カフカ面白いです。僕が小説を読むなんて、という感じですけど。
色々な人が作品に対して独自の解釈を持っておられるようですが、僕はカフカの世界観にビックリして気持ち悪くなるだけで十分です。そこに何かを求めようとは思いません。



1277. すみません 管理人エム [URL]  2003/12/21 (日) 11:44
入力ミスでした。
「想定せれておりませんでした。」ではなく「想定されておりませんでした。」と読んでください。

しかし、どうしてこんな風に打てるかな。「さ」と「せ」じゃ全然ちがうのに、と、自分で不思議に思うのでありました。



1276. 覗き見されましたね〜 管理人エム [URL]  2003/12/21 (日) 10:47
かっぱさま
ほんとうにお久しぶりですね。
雪であちこちたいへんです。

しまった!『インド論理学研究あれこれ』は、かっぱさまがご覧になることは想定せれておりませんでした。
スランプに悶々としていたとき苦し紛れに書きましたので、あまりお気になさらずに。未完なので、とくに、インド論理学(史)の研究者がとても遅れているように見えてしまったかも。次に、彼らの研究成果を書けば、そんなに悲観することもないと安心していただけたかもしれませんね。
というか、管理人自身は、この分野の今後の発展に大いに期待しているのです。インド論理学がどんどん変わっていくだろうとすごくたのしみにしています。つまり、かっぱさまに、めちゃくちゃ期待しております。よろしくお願いします。
西洋論理学「史」の研究者も、インド論理学(史)の研究者の研究がなければ先に進んでいけないと思うので、両方絡まっているのがいいのかな、と思ったりしています。

やっぱり心静かに年の暮れは迎えられないでしょうか?



1275. お久しぶりです かっぱ  2003/12/20 (土) 23:51
お久しぶりです。雪のふる日は遠き人々を思いなどとロマンチックな雰囲気にも浸っておられないのですが、管理人様の「インド論理学研究あれこれ」ちょっと覗き見いたしました。読みながら少しばかりあせってきました。
西洋論理学「史」の研究者にくらべてインド論理学(史)の研究者がいかに遅れているか縷々管理人様がおっしゃっておられますので、やれそれ追いつけ、追いこせという気分にもなってくるのですが、こんな様子では、とても心静かに年の暮れを迎えられそうにもありませんね。



1274. 師走も暮れていきますねぇ 管理人エム [URL]  2003/12/20 (土) 20:35
今日は、午後3時45分に暮れてゆく西の空、車の中から夕日を眺めておりました。
もう、午後4時前に日が暮れないでほしいわ。まったく。
朝は7時にならないと明るくならないし。
と文句ばかり言ってないで、肝心のことをご連絡せねば。

「ロゴスの穴」更新でございます。10日に1つの割合です。

最後、こんなこと書いて終わるつもりではなかったのですが、こんなになっちまいました。ま、いいか。年の瀬だし。

管理人、これから少しまとめて家事でもやらなきゃダメかな、って思ってるのよ。夏物と冬物、入れかえてないから、みんな家の中で半袖きてるんだもん。
ま、いいか、そのうち夏が来るわけだし。



1273. 雪は4ー5センチ 管理人エム [URL]  2003/12/19 (金) 08:23
ホントに今年は雪の降らない暖かい年です。

今の時期、地面が見えてるなんて、幹線道路か町中のロードヒーティング以外考えられないけど、と思っていたら、ようやく、4ー5センチ積もりました。

昨日喜んで書いたのは良いけど、8月からだったら、もう4ヶ月経ってるんですね。3ヶ月って、間違えてたわ。
4ヶ月かぁ…長かったなぁ。成果ゼロで4ヶ月。「少年老いやすく…」っていう学問標語ができるわけだ!

今年最後の授業だ。急がねば。




1272. 待てば海路の日よりあり 管理人エム [URL]  2003/12/18 (木) 20:22
実りある一日だったかもしれない。

この前論文書き上げたのはいつだろうと、掲示板をさかのぼっていったら、何と8月19日だった。
あれからちょうど3ヶ月。長いトンネルを抜けたような気がする。

ふふふ…ふふふ…ふふふ

何?おかしくなったのかって?
なんとでも言ってくださいっ!
やっと、やぁ〜〜〜っと、『方便心論』が言及している部派仏教の経典というか論書というか、それが何かつかんだような気がしますのじゃ。

『チャラカ・サンヒター』をもじり揶揄していたのは、もうわかってるので、同じように揶揄しているはずの部派の論書さえつかめば、こっちのもの、とは思っていましたが、でも、もうダメかと思ってました。
梶山先生もまるっきりつかめてなかったんだし。
だいたい、龍樹のものを読むときは、みな一様に梶山先生に倣って「龍樹は、他学派の思想の原理的な部分を抜いて批判したから、引用個所を特定することはできない」と言ってきたんだわ。それは、ウソだわ、たぶん。

しかし、ホント、マジで、苦しかった!
管理人の今までの悪あがきと錯綜ぶりと迷走ぶりをあたたかく(?)見守ってくれた人にはお礼を言いたいです。
「わかるまでは、わからない」と前に下宿人さまから聞いたことがありますが、なんてホントなの!あきれるほどホントだわ。

大学の図書も借りられたし、今日はラッキーの一語に尽きる。

そうだ!「ペンギン」でも来春出版予定の本の紹介がありますね。すごいですね。下宿人さま。



1271. 日々の記録なんだから 管理人エム [URL]  2003/12/17 (水) 13:41
とはいえ、秒単位でしてること書き込まなくてもいいかも。

でも、ようやく全部懸案事項終わったんで、ホットしてやっぱり書き込みます。
やれやれ!ホッ!
採点もしたし、書類も書いたし、郵便出してきたら、あとはお茶でも飲んで … じゃなくて、ほれ、論文だっ!



1270. ホントに日記になってますが 管理人エム [URL]  2003/12/17 (水) 09:55
毎日、ちょこちょこ惰性と責任感で書き込みしてると、ネタを膨らますだけの暇がなく「ロゴスの穴」がさっぱり更新されないという事態に陥っております。
「あちら立てればこちらが立たず」というのは、こういうことをいうのか。

しかし、人間というのはおもしろいものですね。
このHPを立ち上げたのは、『マニカナ』の索引作ったけど「どうしよ」と思って、それがきっかけだった。ただそれだけだった。
しかし、今では、『マニカナ』の索引があることも知る人すらいない……って、ほどひどくはないにしても、あのコーナー、ホントにコーナー(隅っこ)になってますわ。
本人すらめったにいかない開かずの扉だし。

まぁ、いいのでございます。勝手に増殖してきた他の鬼っ子ども、つまり、たまりにたまった過去の戯れ言の数々は、1つの真実を示しているような気がする。
確実に確信できる真実のことば。お釈迦さんのおしえたもうたしんりですぅ。

確かに世の中、無明から始まってる!
それでもって、このHPの場合、「管理人の無明」の産物。

サルにも負けず反省する管理人だった。

さらに深く反省する管理人。

無明の広がりというか奥行き、せまくない?
もっと開拓せんと、いかんなぁ… … … ん?  



1269. はたらいてます 管理人エム [URL]  2003/12/16 (火) 13:13
ホモ・ファベル(工作人)管理人です。
ホモ・サピエンス(叡智人)管理人です、って言いたいんですけど、脳みその退化が激しく、すでに人類発生前の段階にまでいたってしまっております。

何を言いたいかというと、また本をだぶって頼んでしまったのだ!
く、くやしい!4000円ほどどぶに捨てた勘定です。悔しいので二回研究するわ、ってのも…ねぇ、問題感じます。
「論理研究あれこれ」の内容を詳しい文献案内にしておけば、こんなことにならなかったかも、と深く反省するのでありました(まる)



1268. 生きてるって、すばらしい! 管理人エム [URL]  2003/12/15 (月) 11:42
青春ドラマみたいなタイトルですが、生理的にみても生きてるってすばらしいです。
土曜日にヨーガを教えてる人たちとインド哲学勉強してるんですけど、それが、最近めちゃくちゃおもしろいです。
私も勉強してインド哲学がわかってきたし、ヨーガの先生達も実践を積んで深くなってきたので、互いに話がえらく微細なとこまでいくようになってきました。
おそらく彼女たちは交感神経と副交感神経を流れるエネルギーの流れを実際敏感に感じ取っているらしいです。

そして、そのせいかどうか、わたしはとてもめずらしい体験をしました。
彼女たちがわたしに自己(アートマン)について質問したとたんに、その瞬間、わたしには、ヨーガ行者たちがさかんに言う「『ヨーガ・スートラ』で説かれるサマーディ(三昧)も『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』で説かれるサマーディも同じだ」という意味が、「あ」とわかりました。
実践している人が質問すると、その質問が答えになってるんだわ。

サーンキヤで説く「プルシャの独存」(悟った状態、精神が光り輝くと言ってもいいかな)という『ヨーガ・スートラ』のめざすものと、「自己と神との合一」という『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の悟りとは、なるほど、そういうわけで、同じなんですか、とわかってきましたよ。

『ヨーガ・スートラ』なんて、実践しないと絶対わからないかもと思ってたけれど、これも十分「読んでわかる哲学書」だという感触をえて、うれしくなって帰りました(まる)



1267. こんにちは 管理人エム [URL]  2003/12/14 (日) 14:51
おっ!反応ありぃ!
この掲示板、「掲示板付き管理人つれづれ日記」って名前変えた方がいいかなと、最近思わないではない管理人でした。

あきらさま
ありがとうございます。そこまで、龍樹のことを…(泣)。
どうも龍樹に話がおよぶと、身内意識が出てしまってこまりもんですわ。
あきらさまのお話、説得力のある挿話だと思います。ホントはそうだったとしてもおかしくないと思いますが、ただ…

>(親友を見殺しにしたとき龍樹の「我」も死んだ、というか)。

と、おっしゃると、ちょっと仏教っぽくないような気がして、この表現には「ん?」となってしまいます。
龍樹も仏教徒、「無我」とまでは言いきれないにしても「非我」は説きますし…。
インド哲学やってると「我」という言葉には感度よく反応するように改造されてしまうのです。そんなにこだわらなくてもいいのかもしれないんですけど。

半分あたり!
でも、地域限定の条件なしなので、半分はずれにしておきます。
正式の答えは、「水を入れたペットボトル」でした。これなら、どの家庭でも簡単に手に入ります。これを外に出しておけば、がちんがちんに凍って、春まで立派に重しの役目を果たします。
ペットボトルはつるつるで雪がつかないし地面に凍り付きません。

より重たい重しを追求して、近所の家では手つきの焼酎のペットボトル(2リットルぐらい?)まで、わざわざ買って用意してくれたほど。しかも二本も。協力的なご主人様です。(^_^)v



1266. れす あきら  2003/12/14 (日) 11:58
ネットカヘ利用者のため、タイムリーでなくてアレですが、こんにちは。

1261の最後のとこ、
>そんなふうに思いました。
本当は「でも、というより、だからこそ私の龍樹像は、どこまでも真面目で真剣な人です」でした。でも話の流れからいって弁証法的で意味が分かりづらいかな、と思い、変えてしまいました。
私は仏教の中では龍樹のファンです。釈迦よりも好きかもしれない。

>でも、そうなると、龍樹ってとっても悪いヤツになってしまいませんか。
自分の命がかかっているとき突然思いついたアイデアを退けることができるかと考えれば、私は難しいと思います。
「哲学は悲しみから始まる」とは西田幾多郎ですが、龍樹は終生、悲しみ(後悔)の中にあり喜びなどなかったのではないでしょうか(親友を見殺しにしたとき龍樹の「我」も死んだ、というか)。
そのどうしようもない後悔によって(自分自身がイヤになって)出家したのでは、と私は考えます。
これを契機に悪いヤツから善いヤツになったと言ったほうが分かりやすいですね。

あと氷。でも一般の家庭にはないか。地域限定。



1265. 生と死の選択 管理人エム [URL]  2003/12/12 (金) 15:32
今日哲学の講義で、生命維持装置をはずすかどうかの選択をせまられている家族を取材したドキュメンタリーを見せました。
お、重い話題だったっす。
人間は何からできているか、身体と心、その他に何があるのか、命とは何か、家族の決断を問う!
みんなシーンとして見てましたよ。
しーんとなるとやりにくいっす。でも、人間と自己について、何とか答えだしてね、みなさん。

テレビで言ってました。回復の見込みがあるとなると、医師は家族や本人の希望を斥け、生命維持装置をはずすことを拒否できるのだそうですが、最後の最後になると、治療の方針や家族の希望は「苦痛の除去」にしぼられます。
見てて驚きです。インドの医学書『チャラカ・サンヒター』にのってる言葉とおんなじ。たしか、「この医学書の目的は、苦の除去である」とあったような気がする。
インドの医学が「病気を治す」と書かない点、非常に謙虚な姿勢を感じましたが、現代的な最先端の治療もやはり、そうなっていくようですね。無駄な延命治療を排除する方向と言っていましたから。
生命維持装置をはずすかどうかせまられる家族の苦しみを見ていたら、現代医学も「苦の除去」をまず謳った方がいいかも、と思った次第。
一切皆苦といったお釈迦さんて、えらいなぁ。



1264. お待ちしてるんだけどなぁ 管理人エム [URL]  2003/12/11 (木) 22:45
「ロゴスの穴」のカラスよけの重しの謎を解いていただきたいのですが……
説いていただきたいのですが……
溶いていただきたい……

近づいてきましたな。答えに。春になると解けて、じゃなくて、溶けて、融けてしまう…ものです。

わかりました?



1263. 人間の知恵・カラスの知恵 管理人エム [URL]  2003/12/10 (水) 10:26
「ロゴスの穴」更新しました。
最近、問題出す癖がついちゃったかな。
難問です。
お答えお待ちします。



1262. そ、そんなぁ〜 管理人エム [URL]  2003/12/09 (火) 22:32
とは、一応言ってはみたものの、あまり真剣に反対しているとは思えない管理人でありました。

あきらさま
こんばんは。わたしの「ロゴスの穴」も『人類の知的遺産』からの抜粋を、さらにアレンジしたという代物でございます。お読みいただきありがとうございます。

管理人の考えましたことは、龍樹は錬金術や薬学にもすごく強かったということなので、それらを駆使してホントに隠身の術を使ったか(事実は小説より奇なりでございます)、じつは見張りの番兵に一服盛ったか、どっちかかなぁということでした。
番人は王様に「絶対!誰も見ませんでした、ほんとうです……(寝てたので)」と言ったので、王様はウソのけっしてつかない番人の「誰も見ない」という言葉を信じてしまった、というのはどうでしょう?
しかし、石ころ投げたというのはなかなか斬新なアイディアですね。
あ、まちがいました。石ころの代わりに、友達投げたんでしたね。

でも、そうなると、龍樹ってとっても悪いヤツになってしまいませんか。
うーん、出家のことを考えるとそんな気がしてこないでもないこともない…は、まずいわ。龍樹さまのおかげで生きてる身としては。

まじめに考えると、この龍樹の逸話いろいろあるけど、それぞれホントはどんなだったんだろうって、けっこう想像をかきたてられますね、確かに、フム。




1261. 龍樹 あきら  2003/12/09 (火) 12:43
性懲りもなく、また書き込んじゃいますね。

4,5年ほど前かな。あまりにもバイトがヒマなんで図書館で「人類の知的遺産」(だったっけ?)でも借りて読もうと思いまして。んでも何を「知的遺産」と呼ぶのかという基準がなんか怪しくて全部読む必要はないなと。で、どういうわけかマルクスははずしたのに龍樹は読んじゃったんですよね。

その「人類の知的遺産(龍樹)」に「ロゴスな毎日」にもあった隠身術の逸話があって、そのとき私が思ったことは。
「それぐらい俺にだってできるがな」
だって自分が行きたいのと反対の方向に石でも投げれば門番はそっちへ行ってくれるでしょ?そのカラクリがわからない王様は、門番に「物音がしたところは徹底的に調べました」とか言われたら透明人間かと思ってしまうわけで。
で砂をまかれて足跡見つけられて兵士に封鎖されて逃げられないとき龍樹はどうしたか?
石ころの代わりに親友を使って隠身の術を行ったのではないのか(自分だけ、はぐれて身を隠す。そうすると目立つほうが捕まる。犯人が捕まれば封鎖は解除される。そうでもしないと自分が死刑だし)。
龍樹が生き延びたということは、親友は龍樹の名前を出さなかったのだろう。でも龍樹は親友が名前を出さない事を見越して隠身の術を使ったのではないのか。
そう考えると龍樹が出家したことが自然な成り行きに思えてくる。出家以外に道はなかったんじゃないかと。
そんなふうに思いました。



1260. せうまどの、すみません 管理人エム [URL]  2003/12/09 (火) 08:16
のんきな話題でごめんなさい。

12月8日でしたね。わたしも街頭インタビュー受けたら、きっと詰まると思うな。何の日か、ってことじゃなくて、そもそも今日が12月8日だってことに気づかなくて。

でも、正直言って、わたしもジョン・レノンが亡くなった日だ、という方が印象深いです。
これから先、8月6,9,15日、12月8日に続き、自衛隊を派遣する日が、これに加わることのないようにと思わずにはいられません。



1259. 冬になると 管理人エム [URL]  2003/12/08 (月) 23:41
どういうわけか、テレビの写りが悪くなって、どう見てもWowWowの画面のように、横に縞になってしまいます。だから、何やってるのかさっぱりわかりません。民放だけではありますが。
「ワウワウよりひどいね」とか言いながらも、めげずにじっと見ているので、だいぶ勘が働くようになってきました。
この分だと,WowWowの横縞画面も楽しめるようになりそうだわ。

雪が降ったら冬らしくなりました。だけど、道路はつるつるで車はのろのろ。やっぱりたいへんだわ。



1258. 12月8日 せうま  2003/12/08 (月) 23:31
 本日は12月8日です。

 少人数授業なのにかててくわえて出席率の悪い授業、出席者4人の授業で、本日12月8日は何の日かときいたところ、誰も答えられませんでした。

 10数年前ですと、ほとんどの学生は、ザ・ビートルズのメンバー、ジョン・レノンが射殺された日と答えました。そのときすでに隔世の感を強くしたのですが、本日は卒倒しそうな感じでありました。

 わたくしなぞは、12月8日といえば、昭和16(1941)年12月8日未明(ハワイ時間では12月7日の日中)、帝国海軍による真珠湾奇襲攻撃、日米開戦の日というのが真っ先に頭に浮かびます。

 それから、12月8日といえば、仏教の開祖ゴータマ・ブッダ(釈迦)が35歳のとき菩提樹の下で目覚めた人ブッダ(仏)になった日、そしてそれを記念する成道会(じょうどうえ)の日であります。真珠湾奇襲攻撃を12月7日でもなく9日でもなく8日にしたのは、成道、つまり道が成る、成功する日だという縁起担ぎもあってのことではないかとわたくしは思っておりますが、今のところ確証はありません。

 それにしても、成道会、日米開戦、ジョン・レノン射殺と、いろいろあるのに、今の学生たちには12月8日に何の感慨も催さないようで、うーんとうなってしまいます。日米開戦ぐらいはな、と思ってみても、げんに、本日の新聞、テレビで、そのことに言及したものはありませんでしたね。

 昔、日本はアメリカと戦争したのだというとウッソー、広島、長崎に原爆を投下したのはアメリカだというとウッソーという高校生が10数年前にいたのに驚かされましたが、今やそんなレベルをとっくに通りすぎているようです。お釈迦さん成道の日は知らなくても、たかだか62年前の日米開戦の日も知らない世代が多数を占めるというのは、いくらなんでもひどいと思うのは、中高年世代にとって、切実なのでありますよ。ちょっとひどい、どうなってんでしょうかねえ。



1257. おはようございます 管理人エム [URL]  2003/12/07 (日) 10:42
仕事がたまっているのに、新しく「インド論理学研究あれこれ」なぞというものを作ってしまいました。
ああ、試験問題作らなければならないというのに。

数日で作ったので、すごくいい加減ですが、少しづつ改良していく予定ですので勘弁。詳しい文献目録にしてみようかと思いましたが、それこそ、時間なさすぎで無理だったので、一般の人のことも考えて文献をあげました。それでも、インド論理学って、わが国では本が出てない!あげる本がなくて困りました。

インド論理学に関して、自分で書いたものを読んで認識をあらたにしているところです。そうだったのかぁ。
でも、読んでいなければならない文献で読んでないのもあって、独断と偏見ですので、そのおつもりで。ご了解のほどを。



1256. 休日はあっという間に昼下がり 管理人エム [URL]  2003/12/06 (土) 12:39
死の一週間がようやく終わりました。ホッとしてたらもうお昼過ぎです。

あきらさま
こちらもよくわからず、すみませんでした。でも何となく解決ムードでよかったのかなと思っております。



1255. 訂正 あきら  2003/12/06 (土) 00:06
もうなにがなんだか、わからなくなってますが。
>「想」がない「行」は「識」には至らない。という意味でした。
に追加。「識」に至らないということを、芭蕉樹でたとえたんじゃないかと、ええ、ええ、そうですとも。勘違いしたんですよ。



1254. ネタの解説は恥ずかしい あきら  2003/12/05 (金) 23:38
>ええと、お釈迦さんは、もし、かりに、万が一、麻雀したとしたら、とっても弱かったんじゃないでしょうか。執着なさそですから。これも、そういう意味じゃないかな。

「想」がない「行」は「識」には至らない。という意味でした。
いえ、もう忘れてください。恥ずかしいから。



1253. 敗北宣言 あきら  2003/12/05 (金) 22:41
今日、図書館に行って宮元啓一様の本を借りてきたところです。
私なんか、まったくわかりませんて。
でも言ってしまった手前、なんとかケリをつけるまで考えてみようかと。

「想」というモノ(言葉)がどの程度の領域(意味の大きさ)を持っているか、というのが、私と管理人様の解釈の違いだと思います。
『私の考えでは「コップ」という意識はあるけど、ハッキリ「コップじゃないの?」という判断にまでは至らない感じ。
そして、何となくクリスタルなコップめざして、意識がそっちへ向かう。
犬も歩けばコップにあたる。おお、これが南蛮渡来のギアマンかぁ』
管理人様の考えでは、これらがすべて脳内での出来事なのでしょうか?その後の「け飛ばす」まで脳内の出来事なら、なんかすばらしいです。
で私はここまでを「想」だと考えたのです(管理人様の「想行識」=私の「想」)。その次の「識」はもっと確実な認識なのではないかと。そうすると「想」から「識」の間に「行」が入るのが自然かなと。

でgoo辞書で「五蘊」を調べてみたところ、管理人様の解釈でまったく正しいことが判明いたしました。
ああ、なるほどね。「五蘊」は、すべて脳内のことなんだ。だからそれをひとまとめにして「五蘊」なんだ。
そうすると「識」は、確実なものではないのですね。だから「幻のごとく」なんですね。

では私はなんで間違えたのか。「行」の説明の芭蕉樹のたとえだな。
「ましてや真髄にまで達することができようか」
これを説教と受け取ってしまったのか?ああん?と脳に問い詰めること、小一時間。
そうそう仏教って無常なんですよね。そういう前提が抜けていたようで。(オイオイ)
でも堅材を求めて、それが得られないとは、どういうことなんだろう?
よりによって芭蕉樹にしてしまったから無常なんであって、もっとよく考えたら堅材を得ることぐらい簡単にできるだろうし(鋭い斧は持っているんだし)、無常でもないんじゃないかと。なぜ、そんなになんでもかんでも無常にしてしまいたいのか。
結論。釈迦のたとえが悪い。
屁理屈言って、ごめんなさい。



1252. 五蘊ですね 管理人エム [URL]  2003/12/05 (金) 18:04
あきらさま
ようこそ、五蘊の世界へ。と書いてみたものの、少し分からないところがありますです。

ウン、コップがあったとする。物質自体というと、あら、ホント、違う感じがする、とっても。でも、気持ちでは分かります。なんかあったということですね。認識論的な現象の世界です。実在論じゃなくて。
脳の働きで説明するのは、きっと現代人の言語を使うからですね。これも気持ちでわかろう。そうすると、「想」では、コップが思い浮ぶって感じですかしら。私の考えでは「コップ」という意識はあるけど、ハッキリ「コップじゃないの?」という判断にまでは至らない感じ。
そして、何となくクリスタルなコップめざして、意識がそっちへ向かう。(この説明に関して反対意見あり。もしかして反対多いかも。)
犬も歩けばコップにあたる。おお、これが南蛮渡来のギアマンかぁ。判断識別し、いつも使っている紙コップをけ飛ばす。他との区別もここにある。行→識は因果的な順序だと思います。

>条件(感情)反射で何も考えない「行」は無意味なんでしょう。
これは、意味がよく分かりません。
「想」や「識」などの他の場合も、あんまり考えてないと思いますが…。そういう意味じゃないのかな?
ええと、お釈迦さんは、もし、かりに、万が一、麻雀したとしたら、とっても弱かったんじゃないでしょうか。執着なさそですから。これも、そういう意味じゃないかな。
「行」のない「識」はないのでは??無明→行→識→…と十二支縁起にあるし。
わたしの理解では、「色」を何かわかった場合にこそ「泡沫の如くである」とわかるような…。すみません。よくわからなくって、変なお返事になってしまいました。



1251. やってみなければわかりません あきら  2003/12/05 (金) 12:14
はじめまして。ちょっとばかし、五蘊について。
「色」は知覚(感覚)。というより感覚以前。何かを見たとき、それが脳に入ってくる前。物質自体、と言うと何か違う感じもするけど。コップがあったとするね。
「受」は「色」が脳に入ったときのこと。ここが感覚か?「お、なんかあるで」
「想」は「色」によって引き起こされる脳の働き。「あれはコップと違うか?」
「行」は「想」を受けての行動。コップのようなものを触る。
「識」は「行」によって「色」についての判断(judgment)を得る。「これはコップDA!」
こんな感じでどうでしょう?また、
「色」は泡沫のごとくである。
「受」は泡のごとくである。
「想」はかげろうのごとくである。
「行」は芭蕉のごとくである。
「識」は幻のごとくである。
これは「色」「受」「想」「行」「識」をわかっていない場合、「色」は泡沫のごとくであり、「受」は泡のごとくであり、・・・。
といった感じで、条件(感情)反射で何も考えない「行」は無意味なんでしょう。麻雀でも何も考えずにツモって捨てているだけでは強くなれないのでしょう。
また「行」のない「識」は幻か。と、これを書いていて何かわかったような気がして。



1250. 020202 管理人エム [URL]  2003/12/04 (木) 22:10
眠気覚ましにひょいと覗いたら、上の番号でした。
めでたい!かな?
この数字見てて思い出したけど、うちのおばーちゃんは「いちにいちに(1212)と百済より」って、歴史の年号覚えたんだそうだけど、1212年に何が起こったんだろうね?
1212ってのは、もちろん西暦ではなくて、日本書紀に書いてある神武天皇の即位した年を元年とした何とか暦です。おばーちゃん曰く「今年は皇紀2603年だよ。」

そういえばインドにもいろいろな暦があるね。
来年のカレンダーも確保しなくちゃ。
さて、予習に戻ります。



1249. インド論理学史 管理人エム [URL]  2003/12/04 (木) 15:09
数日前から、今までの研究史みたいのを作ってみたいと、突然思いつき、やろうとしてるんですけど、研究史の最初でつまずき、う〜ん、とうなっております。どこが始まりなのかわからんわよ。
それぞれみんな好き勝手なところから好き勝手なものを好き勝手に研究してるのね。わがままだぞ!

12月になっちゃってましたね。師走ですか。どおりで、なにやら気ぜわしいと思ってました。



1248. お久しぶりですね 管理人エム [URL]  2003/12/03 (水) 09:52
やぁ、ヘンリーさま
おなつかしい!お忙しかったんですね。お元気でしたか?

小樽のガラスはだいぶ前のお話になっちゃいますが、それが、なんというか、奇妙なものなのですよ。虫眼鏡というより、ハッキリ言ってガラスの円筒形の文鎮なのです。だから、新聞の上に置くより他に仕方ないのです。新聞動かすと上に乗った文鎮も一緒に動いてしまいますだ。ええと、文鎮を通して字がくっきり見えるってかんじです。

すき焼きについては、ヘンリーさまのところは、さすが本場の関東風ですね。北海道のすき焼きは、牛肉でする場合もありますが、豚肉が主体だわ。へぇ、牛肉のすき焼きってあるんだとかつて思ったことがある。しかし、口に出して言わなくてよかったであります。あぶない、あぶない。ひんしゅくを買うとこであった。
うちも味の素(ハハハ、ぜんぜん伏せ字になっとらん)は、使わないので、子どもがコンビニ弁当を食べられなくなってしまいました。
最近は、凝ってるのは寄せ鍋ですね。昆布や鰹節などの出汁に、さらにカニ(安いの)を入れるのがコツ。ワタリガニとかロシア産のタラバの殻つきを少し入れて、これはけっして食べてはいけないのです。出汁をとるので。それでも、最後の最後に身を食べてみたら、なんの味もなくなって繊維だけでした。
あとは魚や鶏肉のつみれ、野菜などその辺にあるものを何でも入れます。味の素なしでもOKよ。
何か話が本質からはずれて、ただの料理の話ですね。偏見の話だったんだっけ。

さびしいことに、醍醐寺も鞍馬寺も行ったことないですわ。鞍馬寺は魅力的ですね。
いつかぜひねらってみましょう。
高台○っていうのは、ぜんぜん何のことかわからない、ホントに、情けない管理人です。観光地に縁のない生活してるんですわね。

それにしても雪が降りません。ホワイト・クリスマスにならなかったら、何のために北海道に住んでるんだ!と、本気で思う管理人だった。



1247. 穿った見方で恐縮ですが ヘンリー  2003/12/02 (火) 23:28
僕にしては珍しいことに、最近忙しく、久しぶりに拝見しました。

小樽のガラスネタを拝見しました。僕の持つ偏見について少し語らせてください。
虫眼鏡(ルーペ)で物を見る時の、その人のルーペの使い方で僕は人を判断してしまいます。ルーペは、管理人さんがいくら嫌だと仰っても、目の前5cmくらいで固定し、対象物を動かすのが正しいのです。レンズを動かすのはケント・デリカットです。ですから、新聞を御覧になるときも、レンズは眼前で固定なさって、新聞を動かしてお読み下さい。
他にも、その人のことを良く知らないのに、その人の動作等で偏見を抱いてしまう事が良くあります。とてもいけない事とは存じますが。
例えば、「僕の好物はすき焼きです」という人は、それだけでその人の味覚を疑ってしまいます。砂糖と「味○素」漬けの恐ろしくくどいタレ(割り下?)の上、何故か卵を付けて食うのは、まるでアイマスクの上にサングラスをかけて映画を観にいくようなものです。
これについては「人の好物に文句言うな」とおしゃるでしょう。しかしうまい肉をわざわざまずくして食うのは、マゾヒスティックで、何よりも牛に失礼です。勿論、僕はグルメ気取りでもありませんし、家が金持ちでもありません。ただ一定濃度以上の「味の○」が使われていると舌にマヒを覚えます。
しゃぶしゃぶについても似たような事が言えます。しゃぶしゃぶが好きな人は肉が好きなんじゃなくて、ごまダレが好きなんじゃ・・・。オット、ヤバイヤバイ。
市販の「寄せ鍋の素」「キムチ鍋の素」等は舌がマヒするので却下。という訳で水炊きしか鍋物は食えなくなってしまった私。おまけに不安神経症予備軍のため狂牛病以来牛肉も牛エキスも食べておりません。
すき焼きのタレよりもくどい、他愛ない長々とした文句をお読み頂きありがとうございました。

観光地といえば、人ごみを避けられる意外な穴場として、京都の醍醐寺(春)と鞍馬寺(秋)は良いですよ。
鞍馬寺は11月に電車で行くと「ガラガラ+車窓からの素晴らしい紅葉+軽い山登り」という最高の寺です。あと怪しい宗教的なパンフレットももらえます。土産物店も殆ど無いので僕は好きですなぁ。
京都といえば「哲学の道」は絶対哲学出来ませんしね。西田氏もビックリでしょう。
個人的に最悪なのは「高台○(ライトアップで有名)」です。
皆さん既にご存知でしょうが。秋の鞍馬は冗談抜きで一度行ってみる価値はあると思います。



1245. 雪なしの冬なんて 管理人エム [URL]  2003/12/02 (火) 08:36
寒いばっかりでいいことないです。
と、わがままな管理人です。
台風が来たり大雨が降ったり、各地のお天気もさまざまで、気が抜けませんね。
みなさまお元気?

管理人は、昨日は、インド論理学研究の本でもまとめてみようかなと調べはじめていたんですが…。
論理学って、どうしてすぐ偏見にとらわれた研究になってしまうんだろうと悲しくなって、今のところ、半ば挫折しかけ。
でも、偏見でできてるのが論理学かもしれない、と、また、気を取り直しつつあるところ。

おっと、出かけます。



1244. よかった! 管理人エム [URL]  2003/12/01 (月) 00:55
あいりさま
ヒントになったとお聞きして、よかった!ホッと一安心しました。ピンぼけのお話だったかなぁとちょっと心配になりましたもんで。
いろいろわかったら、また、他の方もいらっしゃるので一緒にお話ししましょう。地球の裏側でどんな人に出会ったか教えてくださいな。

せうまどの
わたしも同感。って、なにがかと申しますと、科学に対する信頼が色あせていくにしたがって、「客観的」という言葉も何か使われなくなってきているような気がします。
私も「客観的」とけんかしてしまいましたし。ホントは「客観的」って、主観のもつ幻想にすぎないんでは?って言ったら、「客観的」は泣いて実家に帰りました。ひどいこと言ったかな?

先日池田清彦『やぶにらみ科学論』(ちくま新書)を読んでいたら、「科学である限り、論理整合的であることが要求される。宇宙の実相は論理整合的であるかどうか、わからないにしてもだ。」という一文に行きあたって、ちょっとビックリしました。
いつから科学は形而上学になったんでしょうか?
これでは「客観的」という言葉が生きる道がないではありませんか。
いろいろわからないことだらけです。

それから、傘は交通機関の落とし物係に問い合わせたらよいですよ。
管理人は傘を忘れる「名人」ですが、あまりにも忘れすぎるので、とうとう一念発起し、かならず追跡して取り戻すことに決めて、それから3−4回取り戻しました。
落とし物係の人に送ってもらったこともあります。ぼろぼろの傘だったので、その人は「送るとお金かかりますよ」と言って、あきれてました。いいのだ!取り戻すことに決めたら取り戻さなきゃ。
北海道警察まで傘取りに行ったこともある!
がんばって、取り戻してください!せうまどの!!



1243. なるほど! あいり  2003/11/30 (日) 20:40
なるほど うむうむ・・
私は地球の裏側の人と仲良くなってみたいものです 客観さん 主観さんと いいヒントをありがとうございます!なんだか少し近づける助けを頂きましたー
客観的と主観的は兄弟なのですね 正反対の性格でありながら、
切ってもきれない関係というか!
なんだか面白くなってきました!はまりそうです!



1242. そういえばわたくしも せうま  2003/11/30 (日) 16:54
 「客観的」「主観的」ということば、そういえば、わたくしも久しく用いていないということに気が付きました。それから、そういえば、この数年読んできた野矢茂樹さんなんかの哲学関係の著作で、「客観的」「主観的」ということばはほとんど用いられていなかったように思います。

 わたくしがはるか昔、学生だったころには、戦後の「主体性論争」の名残があったためか、「客観」「主観」「客体」「主体」ということばが氾濫していたような記憶があります。

 この2,30年の間に何が変わったのでしょう。もしかすると、「科学的」ということばの信頼性が崩れてきた過程と関連しているかもしれません。

 わたくしは、おそらく昔ならば「客観的には」「主観的には」といったかもしれない文脈では、ほとんどもっぱら、「論理的には」「理論的には」「気分としては」という表現を使用しているようです。

 「客観的」「主観的」ってことば、どうも用いづらいのです。そういうことばでは、自分がいいたいことがいえない気がするのです。

 面白そうなテーマなので、これからじっくり考えてみようかと思いますが、管理人様なんかいかがお考えになりますでしょうか。

 本日は学士入学の試験の採点と面接で、一日つぶれました。颱風が近づいています。今年の秋は、あまり晴れが続かず、よく雨が降ったように思います。帰宅途中で雨が上がり、うっかり傘を電車の中に置き忘れてしまいました。高い傘だったんですけど。

  隣家より葱の香流る冬日暮  

 
 



1241. こんにちは 管理人エム [URL]  2003/11/30 (日) 12:00
あいりさま
とってもむずかしいご質問ですね。あ、はじめまして。

「客観的」という言葉は「主観的」という言葉と仲良しです。仲はいいけど、二つはいつもけんかをしている兄弟のようなものなので、反発もしあっています。
だから、「客観的」という言葉を考えるとき、双子の兄弟「主観的」のことも考えてやらねばなりません。「客観的」ばかりをひいきにすると、仲のよい二つは結託して、あいりさまにそっぽを向いてしまうからです。

「ロゴスの穴」というのが、前のページ(?)にありますが、その中の真ん中に、あいりさまと同じくらいの年の人が書いたことばがあって、「客観的」という言葉が使われています。

「上で考えた答えは自分も人間であるにもかかわらず、人間を客観的に考えていました」

というところです。一つヒントになりますよ。この人の考える「客観的」という言葉の意味を知るためには、他の言葉で置き換えると何がいいかなと考えることです。
この人の言ってる「客観的」という言葉の意味がわかったら、この人と友達になれますよね。そのように、「客観的」という言葉がわかったら、それと反発している「主観的」とも友達になれるということです。

この人が使う「客観的」は、哲学で使う「客観的」とは違うかもしれないと心配になるかもしれませんが、大丈夫ですよ。この人のいってる意味がわかったら、他の人、例えば、デカルトが言ってる「客観的」という言葉の意味も、同じようにして、彼の書いた文章を読んで考えていけばいいのです。

わたしはいつもそうしてます。どうしてそうするかというと、言葉は寂しがり屋なので、一つの言葉だけではいられない、他のたくさんの言葉の中にいると元気になるげんきんなヤツだからです。
言葉は一人でいるときは何も言えない引っ込み思案な性格で、何も教えてくれないので、たくさんの文章を読んで考えていかなければいけないのです。

龍樹という人は、そのことを指して「言葉の虚構(プラパンチャ)」って言ってると思うんだけど、これはちょっと質問とは関係なかったですね。
あいりさまが、地球の裏側にいる「客観的」という言葉と仲良くなれるように祈っています。
ちなみに、わたしは最近「客観的」とけんかして、「客観的」「主観的」という言葉は、今実家である辞書に帰っちゃったのでなかなか使えません。しばらく使ってないなぁ。



1240. 教えてくださーい あいり  2003/11/30 (日) 02:55
始めまして こんばんわ!夜更けですけども・
私はなんだか最近哲学っていうものに関心を持ちはじめた女学生です 若干気の強い って関係ないですね 今まで哲学なんておよそ地球の裏側に住んでいる人ぐらい、意識しないものでした 
ところがさいきん、知りたくなってしまったのです!
客観性とか客観的ってつまり一体どういうことなんだろかと・・・
客観的にものごとを見るってどういうようなことか
それをしやすくなるためにはどんな勉強が必要なのかなーーって
教えてくれますか?



1239. 書いてから考える管理人です 管理人エム [URL]  2003/11/29 (土) 20:41
自分で書いちゃあ、自分でそれについて考える自己言及の管理人でございます。
あ、「ロゴ穴」Loveだよ!問題の話です。
はからずも(ホントははかってるところもある)、学生諸君の「本音とたてまえ」論で、現代医学のもつ問題点が見えてしまいましたか。どうでしょう?

お医者さんが患者さんの立場にどうしても立てないわけは、医学が唯物論的な実在論の立場をまもっているためである。
実在論では、世界を認識する目は、その世界の外になければならない。患者さんは常に物質として認識対象であり、認識主体のお医者さんとは隔絶している。さらに、唯物論をとるため、物質をはかる装置はあっても、物質から随伴して出てくる心作用をはかる装置はないので、お医者さんはまったく心を捉えることができない。肉体を治すことで全てが解決するのだから、この立場をとっていれば、これでよいのだということになる。

一方、人間の苦しみを除くことを主体とするインドの医学は、例えば実在論の立場をとるにしても、それは観念論的実在論なので、さまざまな心作用を認めて心の安寧をもたらす治療を行うことができるわけです。このチャラカの医学は、ヴァイシェーシカ派に基づいているので実在論の立場です。こういうわけで、医学書でも、最終的に人間の究極の平安、解脱が求められるのは、ぜんぜん不思議じゃない。

ウン、ちょっとすっきり!!整理できたかな。
それじゃ、また勉強に戻ります。ばいちゃ。




1238. あっさり更新 管理人エム [URL]  2003/11/28 (金) 21:34
寝不足のぼけた頭で書きました。
ものごと深く考えられません。
だから、こんなんですけど、せめて愛だけでも感じてくださいませ。



1237. Hard Days' Nights 管理人エム [URL]  2003/11/28 (金) 16:09
びぎなさまのお役には立てず申し訳なかったのでございますが、しかし、つらつら思いますに、巷に本のあふれている昨今、なぜか欲しい本は手に入らないものですね。

インド哲学の本はとくに謎に満ちてます。「ないったらない!」って感じで、手に入らないですね。
ま、でも、いくらインドでも、1890年代出版の本は、not available で仕方ないか。さすがの管理人も「やっぱ、ないか」って思いましたけど。ははは。
最近、ビックリしたのは、アーナンダ・アーシュラマ版の『ニヤーヤ・スートラ』が手に入ったこと。長らく絶版状態だったと思いますが、それでもと4、5回目くらいの挑戦で、頼んでみたら、ウッソー、信じられない、来ました。
コピーに毛のはえたような感じですが、これって、インド式おんでまんどぉ、なのかな?

今週、タイトルどおり非常につらかったっす。時間の使い方へたなんですか、もしかして?
デモね、毎日なんだかんだあるんだわ。

あ、そうだ!せうまどの
そば粉買いました。300グラムで500円以上しました。高級な食べ物になりそうです。
ぜんぜん反応できなくて、ごめんなさい!
これについては、いっぱい話すことがあるんですが。
そば粉クレープとか、そば粉ちぢみ(韓国のクレープ)とか、そば粉チャパティ(インドの種なしパン)とかできそうです。
チャパティはいけそうですね。わたしのチャパティは丸くないです。全粒粉の代わりになりそう。おいしい食べ方発見したら、また教えてください。
まずは、せうまどのご推奨のジャパネスクなお好み焼きに挑戦してみようかな。おそらく、米の粉でぱりぱりになるんでしょうね。ちょっと楽しみです。



1235. ありがとう御座いました びぎな  2003/11/28 (金) 00:12
管理人様
大変お手数を、おかけし有難う御座いました。いちおう捜し物
として注文は致しました。

人生あきらめも肝心かと。(笑)ご迷惑をおかけ致しました。
ペコリ



1234. 捜し物は本ですね 管理人エム [URL]  2003/11/27 (木) 13:37
びぎなさま
初めまして。おさがしの『仏教法数辞典』確かにみあたりませんね。

「スーパー源氏」http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/sgenji.html
【本をさがす】http://www.books.or.jp/
で見てみましたが、ないようですね。

お気の毒ながら、こうなりますと、わたしには手がかりなしですが…。
しかし、ない知恵をしぼって考えますに
山喜房佛書林 http://www003.upp.so-net.ne.jp/sankibo/とか
其中堂 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kiraya/
などの専門の書店はどうでしょうか。
他にも仏教書専門の書店があると思いますが。

最後の手段としては、ご著者の下宿人さまが何かご存じであればよいのですが。
下宿人さま、おねがい!よろしく。



1233. うぉんてど びぎな  2003/11/27 (木) 11:39
管理人様、どうもはじめまして

わたくしは、当HP別館にお住まいの宮元啓一様のご著書
「仏教法数辞典」鈴木出版 2000/06 を探している者です。

出版元では品切れ、増刷予定無しのつれないお返事のまま。。
新本、古書にかかわらず尋ね歩いています。どうか私の流浪の
旅が終わりますよう、手がかりを頂ければ幸いと存じます。

びぎな:拝



1232. あっというまに せうま  2003/11/26 (水) 16:11
 20000を突破するの、あっというまでしたね。管理人様、おめでとうございます。

 一昨々日の日曜日、「ウルルン滞在記」というテレビ番組を見ました。バラエティ系のタレント山口もえが、スロヴェニアの農家に滞在してという話です。そこの主食は蕎麦だということで、次々と披露される見たこともない蕎麦料理に目を奪われました。

 これに大いに刺激され、アイデアがひらめき、本日の昼、蕎麦粉を用いたお好み焼きを作りました。蕎麦粉だけではまとまりにくそうなので、考えに考えた末、白玉粉(もち米の粉)を2割ほど混ぜました。具は初挑戦の安全を考え、干しさくらえびと削りかつをぶし、そして刻んだ青ネギたっぷりにしました。
 予想以上にきれいに焼けまして、これを大根おろし、醤油、七味唐辛子で食べましたが、いやじつに美味でありました。また、いかにも健康によさそうで、満足度120パーセントでありました。

 次回は、具に生牡蠣を用いてみようかなと考えております。想像しただけでよだれがこぼれそうになります。



1231. とうとう突破 管理人エム [URL]  2003/11/26 (水) 09:25
Nさま
初めまして。そして、書き込んでいただいてありがとうございます。
さらに『ビックリ!』までも…。感謝でございます。
挿し絵は、わたしのまわりでも評判がよくて「全部挿し絵でもいいね」という人までいます。う、うれしい…です(涙)。

これからもどうぞよろしくお願いします。
よろしければ書き込みも。

雪が、見る見る積もってきてます。今日はけっこう行きそうですよ。空が「雪かきの覚悟しろ」と言ってるな。



1230. はじめまして N  2003/11/26 (水) 01:16
20000踏んでしまいました。すみません・・・。そしてはじめまして。前から拝見させていただいていたのですが書き込むのは初めてです。
20000を取ったのも何かの縁、ということで本棚に眠る『びっくり!インド人の頭の中』を取り出してこようと思います。これ、挿絵が楽しいですね。



1229. あと9人 管理人エム [URL]  2003/11/25 (火) 18:08
寒風に傘を飛ばされそうになりながら帰ってまいりました。
19991という、上から読んでも山本山、下から読んでも山本山という数字をゲット。

20000の人書き込んでくれるとうれしいですわ。

久しぶりに大学の図書館に行ってきました。貸し出しも自動で行えるようになっていて、世の中変われば変わるもんだわ。



1228. ステキな問題ですね。 管理人エム [URL]  2003/11/24 (月) 18:04
せうまどの
いいですね、その問題。楽しそうですわ。
管理人の頭には、まずは、ニヤーヤ派と仏教論理学との認識をめぐる攻防が駆けめぐっちゃいますね、やっぱり。性(さが)ですかね。
それから、何となく錯綜しているように思えるクオリア問題や、概念をめぐる普遍論争など、いろいろ方向が思い浮かぶなぁ。ラッセルも何か言ってませんでしたっけ。いいなぁ、学生さんは。

あと34ですか。今年中には20000に行くかなとは思っていましたが、早いですね。
みなさまのご愛顧の賜物。ありがとうございます。
キリ番ゲットした人、来年はラッキーな年に、たぶん、なるんじゃないかと思わないでもないです。こぞって狙ってください。管理人はとらないように気をつけなくちゃ。

もう今年最後と思って、図書館に自転車で行って来たら、帰りにタイヤがパンクしてしまいました。自転車も、寒いから行くのいやだったんかな。
帽子と冬物コートで武装して行ったんだけど、自転車のことはぜんぜん考えてなかったもんね。ごめんよ。



1227. あと34 せうま  2003/11/24 (月) 16:09
 本ホームページの延べ訪問者数、あと34人で20000に達します。明日か、遅くともあさってにはそうなるわけで、ぴたり賞は誰が手にするのでしょうか。200ぐらいから訪問しているわたくしとては感無量であります。

 今週の哲学演習では、
 「あなたが、なにがしかの色と四角い形を見て「机だ」といったとき、あなたは色形を見ているのであろうか、机を見ているのであろうか」
 という論題で学生に書かせようかなと思っています。
 この論題の論点がどこにあるかわからないという学生がいたら、わたくし、大いに悩まなければならなくなるのですが。

  旅人のふるさと遠し秋の暮れ



1226. 追伸 管理人エム [URL]  2003/11/24 (月) 09:06
ヴィトゲンシュタインで、思い出しました。

彼の有名な言葉で、誰でも引用する言葉

「語りえぬものについては沈黙しなければならない」

これは「本質にせまる文」でもあるし、ある意味では逃げの文「本質をはずす文」でもある、と管理人の脳みそは語っています。
人は便利にどちらにでも使うでしょ。

「記憶するに便利なように、短い散文の形にして、それらをまとめる」っていう意味をインド哲学以外の人が知りたいと思ったら、ヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』を思い出すといいかもしれない。
さらに、これには膨大な研究が書かれた。つまり文句を解釈する注釈書のたぐいがわんさかと出たのです。
この点でも、インドスタイルそのものだね。



1225. なぜこんなこと書いたんでしょう 管理人エム [URL]  2003/11/24 (月) 08:51
書いてるうちにわかる管理人の脳みそです。おはようございます。
昨日の「ロゴ穴」書いた理由、もう一つわかりました。

西洋論理学とか西洋哲学の本て、スートラ体で書かれたものはほとんどない。ふつうの地の文だけからなっているものがほとんどで、だらだら論じてある。
だらだら論じているとどうしても話が錯綜しがちである。
だから、西洋哲学では学説が循環論法に陥っていないかということが心配されるようだけど、インドでは循環論法の誤りを心配することはあまりない。むしろ無限後退に陥ったり相互依存の誤りに陥ったりすることを心配する。

スートラ体であるということは、出来上がるまでにすごく練り上げられた表現なのだということが、これでよくわかる。「体系を作りたい」という気持ちの表れだと思う。
そういう気持ちをもっていると、おそらく誰でもスートラのような書き方になってくるのかもしれない。
西洋哲学で、インド哲学のスートラと同じ書き方をしたのは、管理人の知ってる限りではヴィトゲンシュタインだ。
古いギリシアの哲学にもありそうですが、よくわからないので省いています。

この事実からだけでも、ヴィトゲンシュタインてやっぱりすごいということがわかるね。



1224. 「ロゴスの穴」更新 管理人エム [URL]  2003/11/24 (月) 00:07
ウムム、「ロゴ穴」更新しましたが、最近、いまいちまとまらんのう。仕方ないかな。「書いてるうちに見えてくる」って、自分でも書いちまってるんだし。

じっさい、自分で書いた本に自分が一番影響受ける、そんな変な著者っているんだろうか。一種の永久機関と言えるかもしれないな。



1223. 一応白いです 管理人エム [URL]  2003/11/23 (日) 10:43
昨日は「荒れ模様」と聞いていたのに、あんまりたいしたことなかったわ。今朝も、草むらにうっすら雪がある程度。
ま、でも、寒くはなりました。いよいよ冬ですね。

みなさま、風邪にご注意ください。
あら、もう書くことなくなっちゃった。それじゃっ!



1222. いや、ホントにそうかも 管理人エム [URL]  2003/11/22 (土) 10:20
せうまどの
おっしゃるとおりかもしれません。
むかし狭かった歩道が、とても幅広く石畳になっていましたが、それなりに小樽の雰囲気がありました。シーズン中の観光客の多さをしのばせます。
今は作り立てだから新しくて古いものとそぐわない感じですが、これが数年して古びてくるとよくなるのかもしれませんね。

諸国の観光地巡りしてないことがばれちゃったわ。
でも、羊ヶ丘の売店でバイトしたことがあります、むかし。
牛乳を売ってて、観光客の人が「おいしい」と言ってたのが印象的。



1221. 観光資源 せうま  2003/11/21 (金) 23:18
 小樽は観光に比重がかかってバランスが崩れているとのご指摘ですが、おそらく、管理人様は、諸国の観光地をあまり訪れていらっしゃらないのではないでしょうか。

 普通の街で、あれほど大量の観光客を集めながら、地元の生活空間との関係でうまくやっているという点では、小樽は奇跡に近いのですよ。たとえば人気の京都など、観光スポットのえげつなさといったら凄まじいですよ。小樽のよいところは、えげつなさをほとんど感じなくてすむことだと、わたくしは思っています。



1220. 小樽は良い町です 管理人エム [URL]  2003/11/21 (金) 22:32
せうまどの
確かに落ち着いた良い町ですが、観光に比重がかかってきて、少しバランスくずれてきているような感じもありました。
石造りの建物が多い古い街並みも、観光スポットは新しく化粧直しをしていて、何となくさびしいような。

深まる秋の風情ですね。
こっちは今夜から冬の風情になる予想。
雪かきの道具を出しておかなきゃ。

さて、昨日から今まで、繰り返し何回も読んできた藤本隆志『哲学入門』(東大出版会)をまた読んでました。「T 人間」の章を読んでて気がついた。
おお、これはほとんどインド哲学の思想だ!
藤本先生は気がついてないと思いますが、すべてと言っていいほどインド哲学で説かれている内容を含んでいます。ところどころ西洋哲学の味付けにはなってるし、引用も西洋哲学なのに。
すごいなぁ。一つもインド哲学研究せずにインド哲学語れるなんて。

じつは藤本先生には3年間くらいヴィトゥゲンシュタインの著作を扱ったゼミでお世話になった。無理に頼んで出席させてもらったけど、3年間も出てたの、私くらいだったな。インド哲学でぜんぜん関係なかったんだけどね。




1219. 秋深く せうま  2003/11/21 (金) 14:54
 小樽ですか。何回か遊びに行ったことがあります。懐かしいですね。小樽は、地元住民の生活空間と観光スポットとをバランスよく組み合わせた、よくできた街だと思います。狭い街ですが、一日歩き回っても退屈しませんでした。

 秋も深まってきました。このところ雑用が多くて、秋の風情を心ゆくまで鑑賞するゆとりもないのですが、季節が移ろう感覚というのは素敵ですね。

  濡れ落ち葉はつかに香る日暮れかな

 お粗末でした。



1218. 観光地小樽 管理人エム [URL]  2003/11/20 (木) 18:39
仕事と仕事の隙間を縫って、なんと観光地小樽に数年ぶりで行ってきました。札幌から汽車で小1時間。

着いてみたら、ホントに観光地だった!
オルゴール堂とガラス工芸と寿司と運河の町は、さらにいっそう進化してました。
こんなにおしゃれに変身してたのかぁ。ついてけないわ。

壊さないように緊張しながら、ガラス細工やオルゴール見て帰ってきたらへとへと。
買ったのは、不思議なガラスでできた円柱の小さい文鎮みたいなもの。何するのかって?新聞の上に置くと字をちょっとだけ拡大する。虫眼鏡とちがってピントぴったりで見やすいかも。
息子におみやげと言ったら「いらない」と言われた。だから、主人にあげました。とても喜んで(?)くれました。

あしたの予習しなきゃならないけど、死ぬかも。



1217. ばたばたしながらアップしたので 管理人エム [URL]  2003/11/19 (水) 21:35
「ロゴ穴」、ホントは、もうちょっとよく考えたかったのですが、あわててたもんで、ちょっとメリハリに欠けるかなぁ。
基本の路線はこんなモンなんですが。

インド論理学が本当にわかってきたらしい。結局、龍樹にたどりついてようやくインド論理学の何たるかを理解してきたような気がする。
ニヤーヤ学派もわかりはじめてきたし、その後の展開もおおよそ察しがついてきたような気がする。
ずいぶんあいまいな表現ばかりですが、しかたないわ。
あとわかってきたら、やらなきゃならないのはディグナーガだわね。こいつをなんとかしないと。ニヤーヤ学派と絶対対立してるハズなんだから。

という研究の進展状況ですが、だんだんインド論理学がわかってきたら、西洋論理学の不備が目について鼻についてきたのかもしれません。
何で、こんな発想しかできないんだ!ってずうずうしく思うようになっちゃって、その思いが抜けていかないの。だから、文句になってしまうのね。
今までお世話になってきたのに申し訳ない、西洋論理学どの。
でも、先輩や師匠を負かすのが「恩返し」って相撲でも言うもんなぁ。
あきらめてくださいな。



1216. 「ロゴ穴」更新 管理人エム [URL]  2003/11/19 (水) 10:14
あわてふためいて書いたからこんなになっちゃった。

こんなことしてる暇なかったんだ!
こんなこと書くつもりもなかったんだ!

人生って、人生って、こんなものさ。



1215. とうとう雪だ! 管理人エム [URL]  2003/11/17 (月) 10:52
どう見ても雪に見えるなぁ。今は、まだちらほらって感じですが、しかし、徐々にスピードアップしている。

昨日の続き『木村泰賢全集』第六巻、熱いっすね。大正の終わりから昭和の初めにかけての研究ですが、「仏教研究の方法とその方針」という節で書いてあること、今もけっこう当てはまる。
当時の状況を「仏教の研究が盛んなようでありながら、ある意味からすれば却って行きづまって来た」と述べて、時代遅れの訓古的方法論から新しい研究方法の確立を目指しているのですが、当時の時代状況を斟酌しても、なお、この方法論は現在にも通用するものがあるように思うんですよ。
確かに、漢訳の読み方以外に、サンスクリット、パーリ、チベット、他にも英・独・仏語のどれかは必要などというのは今日の常識だし、仏教を研究するなら、宗教学、哲学、心理学、史学研究の方法なども考慮せよ、というのも珍しい意見ではない。むしろ、今では、語学重視、文献学的研究偏重の弊害が見られるほどかもしれない。

そういう点ではなくて、ここでは、何のために研究するのかという学問の進むべき道をしっかり示してあるという姿勢が新鮮に見えました。
今の日本の印度哲学仏教研究の状況を考えると、進むべき方向性が見えてこないように思うものだから。



1214. 1213に訂正があります 管理人エム [URL]  2003/11/16 (日) 23:30
下の書き込み、大いにまちがってました。
「どこ?」とおっしゃるのですね。

図書館に行こうと思って自転車に乗って出かけたら、確かに空は晴れ間も見えているのですが、風が冷たいのなんの、しかもどんどん強風になってきて、雨とも雪ともつかないものまで降ってくる始末。

しばらく走ってみたけれど、風で自転車ごと吹き飛ばされるかもしれない(んなわけない!)と、軟弱な管理人はすっかりひよって途中ですごすご帰ってきてしまいました。
だから、ぜんぜんいい天気じゃなかったんでした。

見かけにだまされちゃダメだな。やっぱりもう冬なんだ。

管理人の専門はインド正統派といわれる非仏教系の学派が主だから(仏教からは外道といわれます)、あんまり仏教書のたぐいはもってないので、どうしても弱いところがでてきてしまう。
中観・唯識といった学派には気をつけてたけど、部派仏教のことは無視してきたから、今頃やっぱり困ることになるわ。
それで、インターネットの古本屋さんで『木村泰賢全集』第六巻買ってみたんだけど、いいわね。おもしろいわ。でも「大乗仏教思想論」なのよ。さすが、管理人、しっかりピントがずれてるわ。
部派仏教じゃないんだけど、これで間に合わせることに…しちゃいかん。



1213. お天気いいです 管理人エム [URL]  2003/11/16 (日) 14:10
すっきり晴れてのどかな昼下がり。
昨日、「ロゴ穴」意識朦朧としながら書いてアップしてしまいましたが、今日おそるおそる自分の書いたもの読んでみました。

あれ!いつもと変わらないじゃん。
もっと支離滅裂かと思ってた。
っていうかぁ、いつもより読みやすいかも……(涙)。

なんか落ち込んできたので図書館に行くことにしました。
じゃ、また、あとでね。



1212. 突然ですが 管理人エム [URL]  2003/11/15 (土) 23:30
「ロゴ穴」更新いたしました。
自分でいうのも何ですが、わたしって、かなりっ!おめでたいヤツかもね。

今日も疲れたです。意識がぁ、うすらいで…い…くぅ。



1211. ごめんなさいね 管理人エム [URL]  2003/11/15 (土) 00:17
変換ミスしてしまいました。
ゼノンのお話の最後、「復習を成し遂げ」てどうする。「復讐を成し遂げ」なくっちゃね。
すみません。ゼノンさま。

あしたも仕事。いそがし。
だから、おやすみ。みなさん。



1210. ゼノンの場合はね 管理人エム [URL]  2003/11/14 (金) 20:03
せうまどの
ご心配いただきありがとうございます。何とか回復しました。
子どもが小さい頃、この風邪にかかってひどい目にあったことがあります。他の人の例も悲惨ですよ。兄弟やお母さんにもうつっちゃったりして。

あんまりまともな死に方できないのが、哲学者の証なのか。すみません、わたしちょっと哲学から足洗わしてもらおかしら。もう遅すぎる?

管理人、龍樹の次に好きな哲学者は、もうなんたってゼノンなんですけど、この人の死は壮絶です。
ちょっとすごいのでご披露しちゃうと…
僭主ネアルコスの過酷な支配に、陰謀を企てたゼノンは、ばれて拷問の責め苦にあいます。一味の者を問われて「舌の支配者であるように身体に関してもまたそうありたいものだ」と明かすのを拒んだので、余計拷問にされてしまいます。
そこで、彼は一計を案じネアルコスに耐えられない風を装って「すべて話すからゆるめてくれ」と頼み、近寄って耳をよせるようにいいます。内々に告げられるのだと思って、ネアルコスが喜んで近寄り耳を口元によせたとき、ゼノンはその耳に噛みついて噛みしめたので、家来はあわててさらに拷問で離させようとしました。が、けっして離さなかったので、とうとう歯を離させるために彼を殺すことを余儀なくされてしまったのです。ゼノンは苦しみから解放され、かつ僭主ネアルコスになしうる限りの復習を成し遂げたというのであります。

別な話も伝わってるんだけど、それもまたすごい。舌かみ切って僭主に吐きかけたとか。管理人の好きな哲学者って、中でもとくにひどいのばっかりだ!それに哲学者のくせに、龍樹もゼノンも血の気が多すぎ!
ソクラテスがかわいく見えるほどです。
せうまどのも、がんばってください!(おい、おい)




1209. 哲学者と自然 せうま  2003/11/14 (金) 15:38
 管理人様、わたくしの知らないヴィールスに冒され、お気の毒に存じます。早く完治されることをお祈りいたします。

 「人間が自然を破壊する」とか「人間対自然」とかとよくいわれますが、これはおかしいですね。人間も自然の一部なのですから。

 いわゆる「自然」を破壊して、どうしようもなくなってからいわゆる「自然」を保護しようと考えるというのが、人間の自然なのでしょうね。欲望、人情という人間にとっての自然に従って生きるというのが、世間にとって、まともな人間の生き方なのです。

 ミミズは環境をあまり破壊しませんが(ほんの少し破壊しますが)、人間は激しく破壊します。自然界のなかで、人間がもっとも凶暴なやっかいものであることは確かなようです。

 ところが、人間のなかでも、哲学者というのは、人間にとっての自然である欲望とか人情を超越しております。ですから、真の哲学者は、世間からは人でなしと憎まれ、蔑まれるのです。哲学史をひもとけば、多くの哲学者は、ろくな生き方、死に方をしていません。

 ミミズにはるかに劣る人間のなかで、もっとも劣ると評価されるのが哲学者なのです。ゆえに、哲学者がミミズに劣ること、想像を絶するものがあるのです。

 「いや、ソクラテスは偉大な哲学者として尊敬されているのでは」という人もいるかと思いますが、もしその人が生のソクラテスとつきあったら、殺したくなるほど憎むにちがいありません。(じっさい、ソクラテスは憎まれて死刑になりましたし。)

 多くの人から憎まれれば憎まれるほど、その人は真の哲学者の道を着実に歩んでいるといえます。そう考えると、わたくしも、少しは哲学者風になってきたかなとの感慨を憶えます。現に、今のところ、世間の目から見てろくな生き方をしていませんし、きっとろくな死に方をしないだろうと、ほぼ確かな予感がいたしますので。

 ミミズにはるかに劣る、自然界で最低の生き物でいるって、何て素敵なのでしょう。



1208. 最近の病原菌は 管理人エム [URL]  2003/11/13 (木) 15:50
強力ですね。ようやくちょっと楽になってきたわ。

管理人は、風邪などにかかると何も食べずにひたすら寝て治すタイプなんですけど、友達にそう言ったら「犬はそうやって治すよね」と言われました。もぉ、おこっちゃうワン。
といっても、あまりひたすら寝てるというわけにもいかないのがつらいところ。
これで治ったことにしよ、っとだましだまし仕事始めることになる。

ロゴ穴のネタ、いろいろ考えてたら、いろいろありすぎて全部ばらけてきちゃった。つまり、どれもまとまらないってことです。いつものことだがな。

今真剣に考えてるのは、一流の科学者などの知的エリートたちと地面の下でもぞもぞ土を食べてるミミズと、ホントはどっちが頭が良いのだろう、ってこと。くだらないことばかり考えるんじゃない、って言われそうだけど、この疑問、抜けてかないのよ。まずいわ。でも、そもそもミミズに頭ってあるんだろうか?

さて、哲学者については、ネ、正直、ミミズ以前だと思うの。



1207. 風邪にご注意 管理人エム [URL]  2003/11/12 (水) 10:12
昨日、薬をもらいに病院へ寄ったせいで、さっそく強力なウィルスをいただいてきました。
思考力ゼロ、やる気1,生命力2の低能力で推移してます。ロタ・ウィルスってやつかも。下痢と吐き気がくるヤツで、子どもがよくかかるヤツです。小児科だったからなぁ。みなさまもお気をつけください。

「ロゴ穴」書く予定だったけど、こりゃむずかしいわ。



1206. 寒風や… 管理人エム [URL]  2003/11/11 (火) 20:08
せうまどの
いろいろ苦闘のあとも忍ばれますほどに考えていただきありがとうございます。
昔、「根岸の里のわび住まい」と後ろにもってくれば、どんな語が前にあっても俳句になると聞いたことがありますが、これはそれに近いモンがありますね。ゴミステーションは一年中あるから四季がないのかもなぁ。感慨深いものだ(どこが?)。
そうか、とうとう評価を超えてしまいましたか。(この言い方、思いっきり誤解してるんじゃないかって?そんなことない、そんなことない。)

それにしても今日は疲れました。仕事帰りにあれこれ用事を済ませて家にたどりついたら7時近かった。




1205. 失礼して せうま  2003/11/11 (火) 16:19
 久々に管理人様の生活俳句にお目にかかりました。
 ちょっと失礼ながら講評いたしたく存じます。

  寒風や犬を連れたる人過ぎぬ

は、ちゃんと五七五になっていますし、「寒風」という季語も入っていて、形式的には俳句になっています。ただ、「寒風」と「犬を連れたる人過ぎぬ」とが、ほとんど関連性がないことが問題です。
 季語を変えてみますと、たとえば以下がすべて成り立つということになります。

  春風や犬を連れたる人過ぎぬ
  薫風や犬を連れたる人過ぎぬ
  花散りて犬を連れたる人過ぎぬ
  夏盛り犬を連れたる人過ぎぬ
  地吹雪や犬を連れたる人過ぎぬ

いくらでもできますね。ゆえに、残念ながら、管理人様がお作りになった俳句は、まったく評価できないのです。
 と、失礼なことを申しましたが、これに懲りず、ゴミステーションで俳句を作りつづけてください。



1204. 雪が降りそうなので 管理人エム [URL]  2003/11/11 (火) 00:28

寒風や犬を連れたる人過ぎぬ

タイトルから続けて読んだらダメよ。一応、俳句なんだから。
生活俳人だから、恋の歌は作れないわ。

せうまどの、いいですね、恋の歌が作れて。たとえ昔の恋とはいえ、恋の歌は恋の歌。
管理人の場合、カラスとかゴミステーションとかないと俳句が作れないしなぁ。この俳句もゴミステーションの前を通り過ぎていったからできたのよ。
また、添削してくださいね。

野矢茂樹の『論理トレーニング101題』を読んでたんです。これからあしたの論理学の構想を練ろうとしているところなんだけど…眠くなってきたな。余計なことばかり考えて、予習がすすまないし。
さっさとやらなきゃ。



1203. 時雨 せうま  2003/11/10 (月) 23:06
 南関東は、急に寒くなりました。一日中、雨が降っています。いろいろなことが思い起こされます。

  しぐるるや憂きことばかり昔の恋



1202. 投票率低いっすね 管理人エム [URL]  2003/11/10 (月) 09:14
どうも気になるなあ。このところ、ずっと投票率が低迷してますね。
「白票も票なり」ということわざもある(あったっけな?)んだから、とりあえず選挙に行くのをおすすめしたいわ。

バレーボール見ながら選挙速報見て、合間に漢訳仏典読むという離れ業やったら、とっても忙しかった。
最近、的を絞れないせいか、研究の文献もあれこれ渉猟してるし、哲学系統もあれこれ読んでは放りだししていて、困ったもんだ。
何でもあれこれ手を出す癖だけついちゃったかな。



1201. 冬のにおいです。 管理人エム [URL]  2003/11/09 (日) 11:18
雪のちらつく中、選挙に行ってまいりました。
出足まあまあかな。

今日の仕事はおわった…ってんじゃこまるが、とりあえず一仕事はすんだわ。
じゃ、次の仕事にいくか。11月は何だかせわしないです。



1200. 日中だというに暗い!寒い!冷たい!です。 管理人エム [URL]  2003/11/08 (土) 17:23
野原さま
そちらは暖かくていいですね。
今日は、曇天の空に冷たい風が吹いて「さっさと冬支度せんかい」といわんばかり。

『ビックリ!インド人の頭の中』お読みいただきありがとうございます。森の中でしたか。でも、「やぶの中」と言われなくてよかったかも。

おっしゃるとおり、アートマンは肉体を離れたものについては想像しにくいですね。何にもないのと変わらんわ、ってかんじですよね。
イメージとしては、空中に消えてくやかんの湯気が窓のガラスに水滴を作るみたいなものっていうのはどうでしょう。余計わからんですね、すみません。

わたしたちの世界はいろいろな幻想の上に成り立っているというのは、言えてますねぇ。
わたしたち、みんな、マス・メディアに操られ、学問に翻弄され、知識に縛られ、価値に踊らされてます。くやしいけど。
これらから全部抜け出せれば、文字通り「解脱」なんだけど、人間なかなか悟れないもんですわ。人間社会全体が幻想にそまってますもの。
だから、ウソと承知で生きてみる、ってのもありかも。これぞ「方便」心論、っていうのでどうでしょうか。

よし、あしたは「投票に行く嘘」をやってみましょ。



1199. こちらは日中は温かい 野原燐 [URL]  2003/11/08 (土) 13:00
エムさま  
(昨夜は月がみごとでした、こちらは。)

「わたしは世界の外にある?」「言葉が先か私が先か」という二つのタイトルで
元気よく登場したのはよかったのだが、やはりそれ以上続かなくなってしまった。
(助手とエム教授のコンビに導かれて門に頭をぶつけさらに管理人さまの指示に
従うとあら不思議方便心論とやらをダウンロードすることもできたのですが・・・)
勉強もせずに質問だけしても失礼なので、『インド人の頭の中』を
図書館で借りてざっと読ませていただきました。(買わずにすみません)
知識は増えたのですが、ここは森の中だから歩くと余計迷うぞという感じに
なりました。

アートマン=「見る者である」
|肉体がなくなれば、目がなくなれば、見ることができなくなりますが、
|見る者である「主体」はなくなったわけではない、そのまま遍在し
|ている。次に肉体を得て生まれると、また再び見る主体(=あなた)となるのです。

真実のアートマンは属性も限定ももたない。そのとおりだ。肉体はアートマンに
とって外部的なものだ。はい。とそこまで行っても、肉体を離れたアートマン
なんてまあわたしにゃ想像できないよ。

|この私達の生きている現実の世界は、じつはコンピュータが自分
|たちの意識を制御している虚構の世界として存在しているという説
|を否定できるだろうか?

とそこまで言わなくても、私たちの世界は投票やお金、学問などもろもろ、
なんだかよく分からない幻想によって成立しているもののようだ。
イデオロギーがいくら言おうが、「それが現実なんだ」というのは嘘だ、
というのは確かです。
投票に行くのも嘘、投票に行かないのも嘘。といって野原は立ち上がる。

                野原燐
うちのサイトの記事読んでもらって嬉しいです。60年も経っているのに、
アジア人差別とアメリカ追随が持続しているのは面白い。



1198. 人生あきらめが肝心 管理人エム [URL]  2003/11/08 (土) 10:39
よく言われる言葉ですが…なかなかあきらめられないのが人間。あれこれ迷って、結局もとのところに戻って「あきらめが肝心」と悟るという…。

何の話かというと、論文の話。あきらめきれずに、あれこれ、あれこれいろんな本をつまみ食い的に読んでいたら完全にワケが分からなくなって、何も出てこなくなりました。もう2ヶ月くらい。
読まなきゃならん本ばかり増えていくだけ。
龍樹の頭に蓄積していたものがいかに膨大ですごいかを感じ入る毎日。

しみじみ『チャラカ・サンヒター』でも読まなきゃダメか。急がば回れと言うしなぁ。

研究も寒いけど、外も寒い!冬のコートを出さなきゃ凍死もんだ。



1197. 寒いのは北海道だけ 管理人エム [URL]  2003/11/07 (金) 18:15
初雪のたよりも聞かれる北海道ですが、何と名古屋で26度の最高気温というのをテレビで見て、ビックリよ。
札幌は最高6度くらいだから、20度も違うんですね。
日本列島長いです。

週末か…数日前も週末だったような気がするが。

読もうと思う本がありすぎて、完全に頭がパニック。西哲の方も弱いなぁ。印哲?…聞かないで!ああ、基礎からやり直した方がいいような…。
あいかわらず、行き詰まってるな、って。おおあたり!ふぅ。



1196. 寒くなりましたね 管理人エム [URL]  2003/11/06 (木) 19:48
朝も、本屋さんの話書いたんだけど、仕事する前にまたまた一筆啓上。
みなさんの書き込みがちょっと少ないので、せっせと自分で書き込むわ。
なぜ書くかというとね、カレーがうまくできたからよ。

インドのカレー、鶏肉と大根のカレーはとてもおいしいですわ。暇な人は作ってみてね。肉は、豚も可。インド人は食べないけど。
1.チキンを一口大に切ってターメリックと塩に10分以上つけておきます。
2.鍋に油をちょっと多めに入れクローブ、カルダモン、シナモン、赤唐辛子などホールのスパイスがあれば入れてちょっと炒め、タマネギ(一つ)を薄切り、ニンニク、ショウガをみじんに切って、入れてよくよく炒めます。ぺたっとなるまで。
3.トマトをざく切りしていため、ターメリック、クミン、、コリアンダーを小さじ2杯ずつくらい(てきとー)入れて炒めます。
4.一口大(さいころキャラメルくらいかな)の大根を入れて炒め、チキンを入れてよく炒め、あと水をたくさん入れて塩を入れてひたすら煮込みます。大根はチキンより少し少な目の量。汁気は少し残してね。ご飯にかけるから。

できあがり。辛いのが好きな人は、チリペッパーを入れるといいですよ。大根がとてもおいしいです。ホールスパイスはなくてもいいです。
ターメリックとクミンとコリアンダーは三種の神器だから、どうしてもいるけど。これもないと、ただの塩煮込みになっちゃうです。

哲学の香りただよいますわ…気のせいです、はは。



1195. 本屋さんの話 管理人エム [URL]  2003/11/06 (木) 09:38
札幌の琴似(ことに)というところにある本屋さんが、大型店に対抗して「なぜだ!?売れない文庫フェア」を始めたら一週間で仕入れた本の半分以上が売れたというニュースがありました。
新潮文庫では1500位以下の700点を集めたそうです。他にもちくまなどの文庫1000点集めたっていうから、ふだん手にとって見ることのできない本がいっぱいあるもよう。
行ってみたいが、遠いなぁ。

前はよく立ち寄った駅前の書店いくつかも、そういえば最近行かなくなりました。どの本屋をまわっても同じ本ばかりどっさり並べてあるし、新刊ばかりだし、いい本もちょっと時間が経つと置かなくなってるし…といった具合で、意外性のあるおもしろそうな本に出会える確率がほとんどないからです。

「もともと力のある本なら、置き方で売れることがわかった」というその書店の店主の話じゃないですが、「力のある本」を選んで置ける、目のある店主がいる本屋さんなら、本好きはしぜんと集まると思うんだけどなぁ。そうもいかないのかしら。

便利な世の中、とか、何でもある世の中、といわれるけど、ホントに欲しいものは何も手に入らない世の中になってきているような気がしないでもない今日この頃です。



1194. 大丈夫か、管理人 管理人エム [URL]  2003/11/05 (水) 18:26
「ロゴ穴」更新でございます。

年のせいか、脳の巡りが悪くてのう、ごほっ!こんな文章になっちまったい。年にはかてんのう。
って、演技でごまかしてみようっと。

え?演技じゃないと思ってた、ホントに巡りの悪い文章だって。
ううむ、化けの皮が剥がれてきたか…。



1193. やはり副作用のようで… 管理人エム [URL]  2003/11/05 (水) 00:45
野原燐さま
ふらっとされましたか。相済まぬことでございます。「ロゴスの穴」に蔓延する毒素にむしばまれたかもしれません。
「空洞脳」というのも、深淵な響きがあってかっこいいですね。意味は考えないことにして。

奈々の風邪は他でご覧だったとお聞きしてホッとしました。ぼけが進んだかと思ってしまいました。

じつは、野原さまの掲示板に書き込もうかしらと思いましたが、他の人が書き込んでおられないので、遠慮してしまいました。他のみなさまも、わたしみたいに誰か書き込むのを待っておられるのかもしれませんね。
日本部隊の戦争の実態もいくらか拝見しました。とても大事な内容だと思いながら、勇気が足りず全部は読めませんでした。また、挑戦してみます。
>(ひょっとして龍樹っぽくない?)
「あ、龍樹みたい」と思ったら、先に言われてしまいました。ホントの龍樹は、もっとひどくて、言葉をつかんで振り回した口かも。
そういえば「言葉が先か私が先か」とありますが、龍樹は「言葉」も「私(アートマン)」も二つとも徹底的に否定しましたね。

アートマンについては、サーンキヤ学派が、アートマンにあたるプルシャを「見る者である」と説明するのですが、これがわたしにはピンときました。
あなたの目の位置、あなたの存在するそこから、ただ見るもの、つまり、認識の「主体」であるというだけの者、それがアートマン。肉体がなくなれば、目がなくなれば、見ることができなくなりますが、見る者である「主体」はなくなったわけではない、そのまま遍在している。次に肉体を得て生まれると、また再び見る主体(=あなた)となるのです。
「見る」というのは認識を代表する感覚器官と考えればいいのかもしれません。わたしの考えるアートマンはこんなものです。
龍樹は、インド人だけど、「ない」って言ってますから…。



1192. 言葉が先か私が先か 野原燐 [URL]  2003/11/04 (火) 22:35
管理人さま

ロゴスの穴読破と言っても、「奈々の風邪」一つ理解できないような空洞脳の
わたくしですので、まあ何も分かっていないわけです。でも熱中して読了した後は
ディスプレイで読んでいたこともあってさすがにちょっとふらっとしたかも。でも
もともと空洞脳ですので。

「奈々の風邪」は最新の文章にしかなかったと思います。(紛らわしい文章を書いて
しまったのですね。いま確認しました。野原は半年ほど前確か別の題のブルーバックスを
買いそこにも「奈々の風邪」が載っていたのでした。論理的解説はもちろんそこにも
載っていたのですが、それだけでは不満で、その不満が今回解消されたというわけです。)

野原のページを読んでくださったそうで、とても嬉しく思います。ものぐさなもので
掲示板に一人で書き込むスタイルを取っています。もちろん誰でも書き込めるのですが
誰も書き込んでくれません。パレスチナやら北朝鮮やら儒教やら摩多羅神やら精液やら
と多様なテーマがでてきます。わたしたちは言葉や概念を使っていると思っているが、
それは間違いで実は言葉や概念にわたしが振り回されているのだ。ということの症例
としても書いているからです。(ほんとかな)(ひょっとして龍樹っぽくない?)

本当はアートマンとブラフマンについて聞きたかった訳ではなくて、わたしというもの
とアートマンの違い、が知りたい(ような気がする)。
「非ず、非ず」といっても本当にそうなら、わたしである手がかりが無いと思うのは、
わたしがインド人でないから?
                   野原燐



1191. 初めまして!ようこそ 管理人エム [URL]  2003/11/03 (月) 22:36
野原燐さま

よくおいでくださいました。しかも、「ロゴスの穴」全部読破していただき、まことにかたじけなく存じます、というより、そのような無茶をされてご無事なのでしょうか。ありがたいと同時に激しく不安です。

じつはわたしもぜんぶ読んだことないので(書いたことはありますが)、どのような副作用があるのか未知との遭遇なのです。
そういえば、永井均氏に文句を書いたのは覚えているのですが、奈々の風邪については、まだ他にもありましたでしょうか。前にも書いていたっけな。などと無責任なことを申し上げてすみません。

野原燐さまのホームページも拝見させていただきました。
ずいぶん幅広い分野をカヴァーされていてすごいですね。知らないことばかりなのでいくつか読ませていただきました。サイードが亡くなったことについてふれてありましたが、わたしもとても残念でした。あと神話のお話やら大乗仏教のお話やらおもしろく読ませていただきました。

アートマンとブラフマンですか、むずかしいですね。
まちがったことを書きそうなので、自分のところだけに限定してしまいますと、私が研究しているニヤーヤ学派という論理学派では、ブラフマンは説かず、アートマンだけを説きます。ヴァイシェーシカという学派もニヤーヤ学派と仲がよいのですが、これも同じくブラフマンは説きません。
古いウパニシャッドの文献でアートマンとブラフマンは一緒だと言っていますね。
インドにもいろいろな説があっていろいろな解釈があります、とだけ申し上げておきますので、勘弁してください。

それでは、どうぞよろしく。



1190. わたしは世界の外にある? 野原燐 [URL]  2003/11/03 (月) 20:25
管理人さま   はじめまして。

1ヶ月ほど前から仏教とかに興味を持ち、たしかアートマンかなにかで検索してここにたどり着きました。一見して、「ロゴスの穴」の闊達な語り口に魅せられ、3年分結構な枚数を1日半ほどで読了しました。

印象に残ったセリフは、
“でも、「わがまま永井均」氏は、認識論なんていやだ、ぼくは、存在論が語りたいというのである。もう、均や、お母さんは怒りますよ。” ほかいっぱいあります。

「肉体と記憶を入れ替えた全然別人でも、あたしはいつでもあたしなの。」というところまでまだなかなか着けませんが。
というか今日、ヤージニャヴァルキアを宮元氏によって紹介する文を書いたけど(誰も読まないわたしの掲示板にですが)http://bbs9.otd.co.jp/908725/bbs_plain?base=239&range=1
、こういう話はやはりわたしには意味あることを書くのは難しい。

アートマンってインドではブラフマンと繋がっているのですか。つながってないという発想は不可能なのでしょうか?

奈々の風邪の話も読んだときすごく不満が残ったんで、今回解説していただいてすっきりしました。ところで、道元は正法眼蔵「仏性」で、「張公喫酒李公酔」という例文を挙げていますね。

初登場、支離滅裂で失礼ました。   野原燐



1189. おや、まちがえちゃった 管理人エム [URL]  2003/11/03 (月) 09:03
私の意識が、無意識に顕在化してしまったようですわ。
ごめん!"You are the One!"とoneを大文字にしないとまずいことになっちゃう。
"You are the one."だと、「きみは変わり者だね」の意味でした。見方を変えれば「それでもいいかな」なんて言っちゃ、いかん、いかん。
私の好みでは、どうも主人公がいまいちなもので。彼は悪役の方が当たっているのでは…。
主要メンバーの一人モーフィアスは、どこかで見たことある人だと思ったら、サッカーのエムボマに似てました。



1188. 哲学のため、とは言え… 管理人エム [URL]  2003/11/03 (月) 00:21
マトリックス第二部は、管理人としてはつらかった。子どもと二人でだいぶ早送りしながらなんとか見ました。

せっかく仮想現実という設定なんだから、もう少し想像力のあるシーンや映像作れないもんでしょうか。どこかで似たようなシーンを見たな、って感じです。まさかデジャヴってことはないと思うけど。
さらに、主人公を指して"You are the one (きみが救世主だ)"というメッセージが頻繁にでてくると、最後に来るのはおきまりの奇跡です。あ〜ぁ、ですわ。「おきまりの奇跡」ってちょっとパラドックスっぽいでしょ。

文句ばっかりでごめんなさい。でも、すべては因果律だという意見があったり、How(方法)とWhy(理由)を区別している発言もおもしろかったわ。科学が抱える問題に触れているように思いました。

せうまどの
映画では、じつはコンピュータ自らが意識を持つようになったという設定になっているのです。コンピュータ自身が神ってことでもいいかも。
たしかに決定論に立ち向かう人間の自由意志、って構図もあるんです。その場合、コンピュータは神としては不完全な存在になってしまいますね。

「虚構であるというこの気づきは、現実であるがゆえに虚構だ」というのはそうですね。別な風に考えると「虚構の中での『この現実は虚構だ』という考えは、虚構なのだろうか現実なのだろうか」とも問えるでしょうか。
「マトリックス」は基本的には科学が採る実在論の上に成り立つ世界ですから、「シミュレーションされた意識」という意味で虚構世界が広がるだけで、「そういう意識がある」点ではまさしく現実なのです。
だから、「意識が錯覚してるだけ」(1)なので「錯覚した意識がある」(2)のは事実なのですね。
(1)も(2)もコンピュータにとっては自明ですが、トマス・アンダーソン(=ネオ)にとっては、(1)も(2)も知られない。だから、せうまどののパラドックスは有効のようにみえますが、なぜか問題にならないところが映画です。



1187. 訂正 せうま  2003/11/02 (日) 16:05
 「収集」は変換ミスで、正しくは「収拾」でした。申し訳ありませんでした。



1186. 「マトリックス」と神 せうま  2003/11/02 (日) 16:02
 「マトリックス」という映画は見たことがありませんが・・・。

 「この私達の生きている現実の世界は、じつはコンピュータが自分たちの意識を制御している虚構の世界として存在している」とのことですが、これは、コンピュータを操作している存在がいることが前提になっていますね。
 その存在は、伝統的には「神」(世界創造神)と呼ばれるものだろうと思います。
 キリスト教プロテンスタントのカルヴァン派など、人間の自由意志をまったく認めない宗派があります。その考えによれば、人間が見たり聞いたり行動したりというのは、すべて神の操作するところだということになります。しかし、カルヴァン派などの人々は、この世を虚構だとは考えません。なぜなら、この世が虚構だとすると、神による世界創造も虚構、神も虚構ということになり、話に収集がつかなくなるからです。

 さて、「この現実はじつは虚構だ」と、トマス・アンダーソンのように気づいた人がいたとして、その人のその気づきは虚構なのでしょうか、現実なのでしょうか。
 虚構という気づきが虚構だとすれば、その気づきはなにについての気づきでもない、つまり気づきは気づきでないということになります。
 虚構という気づきが現実だとすれば、「この現実はじつは虚構だ」という命題を適用すると、この気づきは虚構だということになります。つまり、この気づきは現実であるがゆえに虚構だということになります。

 ということで、わたくし思うのですが、「マトリックス」のようなSFものに出てくる「世界虚構説」は、じつは「うそつきパラドックス」に絡め取られていると断言できるのではないでしょうか。面白いかもしれませんが、しょせんはやはりナンセンスというべきなのでしょうね。



1185. マトリックス 管理人エム [URL]  2003/11/01 (土) 23:12
講義でマトリックスをちょっと使ったのはいいのですが、何せ自分で映画を見てないものだから、どうも具合悪くて…。学生さんに「ビデオ借りて見てください」なんて書かれちゃうし。

それでビデオ借りて見ました。
冴えないプログラマー、トマス・アンダーソンは、現実の世界と信じて疑わなかった世界が、じつはコンピュータに制御された仮想現実であることに気づいてしまいます。現実は、人間はマトリックス(母体)の中のカプセルの中で培養され夢を見ているという設定です。

この私達の生きている現実の世界は、じつはコンピュータが自分たちの意識を制御している虚構の世界として存在しているという説を否定できるだろうか?別にいうと、他の高度な文明に意識操作されているシミュレーション世界が現実である、という考えに反論可能か?という問題です。設定が今っぽいでしょ。
答えは、「コンピュータに意識操作されうる」と「それはありえない」がほぼ同数でした。
昔なら、この世は現実かそれとも夢なのかはっきり区別できるだろうか、と聞いたところでしょうか。

自分で考えた問題ながら、自分でついていけません。どこかに思想的に、また、設定的に、穴がありそうだと思うけど、映画のストーリーに気を取られて思いつきません。
私の頭は、映画の製作者に制御されてしまったかな。まずいわ。



1184. 11月1日なんですね 管理人エム [URL]  2003/11/01 (土) 09:29
あと残すところ2ヶ月。今年も終わりですね。
なんて書くと、焦るなぁ。2003年はじまったばかりという気分が抜けきらないうちに、今年も終わるわけか。
そういえば21世紀に入って3年も過ぎようとしてるんですねぇ。なんか同じ事ばかり言ってて、話がトートロジー!って感じですみません。

今のうちに今年の反省をしておこう。忙しくなると反省するどころじゃないし。
インド哲学研究…いまいち
一般的研究(論理学など)…まあまあ
講義…いまいち
日常…平凡
余暇(PTA)…いまいち

余暇がPTAってのが、あまりにもさびしすぎる。全体としては「いまいち」という評価になりますね。ちょっと冴えない年だったかな。「いまいち」の基準は、何か新しい進展・展開があったかどうかです。
龍樹もちょっと沈黙気味だし、講義もわたし的にはやや沈滞、でも論理学的にはいくつか本を見つけて、楽しいかな。日常はこんなもんですわ。余暇は今年で終わりだし。

やっぱり来年に賭けよぉっと。



1183. 柿の季節ですね 管理人エム [URL]  2003/10/31 (金) 08:38
せうまどの
読んでいただきありがとうございます。
じつはわたしも、「柿食えば…」を使おうかなと思ったのですが、詩の世界に論理は無粋かななどと思ってしまって止めました。
やはり発表当時から話題だったのですか。みんな考えることはいっしょですね。

学校で習ったとき、確か「食えば」と已然形(だっけ?)になっているから、「たまたま食べていると」という意味がでるのであって、もし因果関係を言いたいなら「柿食わば」と未然形になるハズである、などと言われたような気がしないでもない…

いや、すっかり忘れました。この話については「『たしかこの話は覚えていた』ということを覚えている」だけになってしまっています。さびしい。
しかしこういうのは「メタ覚え」って言ったらいいんだろうか。

法隆寺に行かれるなんていいですね。風流だなぁ。
でも、柿と鐘の因果関係の検証をお忘れなく。実験結果を教えてくださいな。

おお、遅れそう。ではでは。今日は哲学はマトリックスと荘周胡蝶の夢です。どういう講義してるねん。実在論と観念論?!のつもりなのだ。




1182. 柿食へば せうま  2003/10/30 (木) 22:58
 「ロゴスの穴」を拝読してふと思いつきました。

 正岡子規の有名な俳句に、
  「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」
というのがあります。

 これは、
  「子規が柿を食うならば、法隆寺の鐘が鳴る。」
でありますから、その対偶、
  「法隆寺の鐘が鳴らないならば、子規は柿を食っていない。」
が成り立つということになります。
 今現在、子規は鬼籍に入っていて、柿など食うことはありません。今日、法隆寺の鐘がならないときは、したがって、子規は柿を食っていないのです。

 ま、子規としては、たまたま柿を食ったとき、たまたま法隆寺の鐘が鳴ったというほどのことを、写実的な詩情豊かに謳い上げたというところなのでしょうが、この句は発表当時から話題を呼びました。それは、柿を食うことと法隆寺の鐘が鳴るということが、不思議な因果関係で結ばれている、こんな不思議な句はかつてなかった、というものです。

 中学校の卒業旅行以来、わたくしは法隆寺には行っていません。近いうちにまた行ってみようかな、と考える今日この頃ですが、わたくしが柿を食ったら、法隆寺の鐘は鳴るのでしょうか。愉しみです。