石飛道子
『空の発見』

二〇一四年十一月一日
定価:本体2000円(税別)
ISBN978-4-905425-96-0
株式会社サンガ

amazon.co.jp

クリックしてください


「はじめに」を読むことが できます。
本をクリックしてください。




空の発見 ─ブッダと龍樹の仏教対話術を支える論理─【目次】

はじめに

第1部 「空」の世界へ  ブッダと龍樹にみる実践の論理「空」

第1章 幸せになるための「ことばの使い方」 ブッダの教えと龍樹の論法

Tブッダの法であること
第2章 喩えて語る人なれば 対機説法は「空」の裏技
第3章 無常の法は無常である 消えていく仏説は「空」

U 論争を避けること
第4章 龍樹菩薩の気持ち 「空」に対立なし
第5章 四悉檀説について 一切智者は「空」の使い手

V 法(ことば)にこだわりをもたないこと
第6章 中身のないお話 「空」はからっぽ
第7章 「悟り」は証明できるのか? 「空」は永久の証明

W 他を縁とせず、あるがままに見ること
第8章 般若心経は間違いでない? ただあるだけのもの、それが「空」
第9章 菩薩のお話 「空」は菩薩の「願い」の中に

第2部 無我の世界へ 古代インド思想界とブッダの法「無我」

第10章 瞑想と学説を乗り越えて

T 自己の探究 無我へ!
第11章 食べられて、食べる者は食べる
第12章 目覚めのことばは、目覚めた人からやってくる

U 輪廻の探究 解脱へ!
第13章 「死なない存在(不死)」を求めて
第14章 輪廻転生と業のお話

第3部 そして、現代世界へ 世界の思想と仏教の倫理「利他」

T 西洋の哲人とブッダ
第15章 幸福に生きる! アランとブッダ
第16章 仏教と西洋思想による「怒り」へのアプローチ

U 世界の宗教と仏教
第17章 五戒の考察
第18章 「隣人愛」と「愛しいもの」 キリスト教の愛、仏教の愛

あとがき
参考文献
初出一覧





マニカナ・ホームページ